資本の今後を見通す

経済活動の再開に伴い、投資家はポートフォリオのポジション見直しや新たな機会への対応を求めています。グローバル資本のうち、約400億ドルがアジア太平洋地域に集まっています。クロスボーダー取引は増加するのか。資本はどこに向かおうとしているのか。資本構造はどのように変化するのか。

投資関連のレポート

オンラインセミナー:世界が注目する福岡不動産マーケットとその魅力

日本における「アジアのゲートシティ都市」して発展する福岡。­ 都市の魅力を向上させる再開発計画が進行し、国内外の不動産投資家、一般事業会社がこれまで以上に福岡に注目しています。­ 本セミナー、レポートでは国内屈指の成長市場として注目される福岡の不動産市場の現状と将来性について解説しています。

不動産の真価を引き出す

アジア太平洋地域の老朽化物件・低利用物件に眠る潜在利益は実に400億米ドルにのぼります。
その利益を逃さないための事業推進の切り札「Asset Enhancement(資産価値向上)」とは。

JLLにご相談ください。

JLLの投資家支援体制をご紹介します。
山口 武,JLL日本 関西支社 リサーチディレクター
山口 武
JLL日本 関西支社 リサーチディレクター
内藤 康二,JLL日本 キャピタルマーケット事業部 リサーチディレクター
内藤 康二
JLL日本 キャピタルマーケット事業部 リサーチディレクター

その他のトピックス

 

プライバシー通知
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)並びにその子会社・関連会社は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは責任をもって自社で取り扱う個人情報を保護します。
原則として、個人情報はお問い合わせに応える目的で収集されます。
JLLが収集した個人情報は適切なセキュリティ対策で保護するよう努め、正当な事業上または法律上の理由によって必要とされる限り保管します。その後は、安全に確実に情報を削除します。JLLによる個人情報処理方法の詳細については、プライバシーステートメントをご覧ください。