不動産戦略の ニューノーマルを考える

コロナ渦の影響により不動産戦略の見直しが求められています。大きく市場や需要が変化する中で、事業を継続して成功させるための不動産戦略について再考しましょう。

   


不動産戦略のニューノーマル時代

テナントも投資家も、様変わりする状況に合わせて戦略を見直す必要があります。オフィスも、ニューノーマルに合わせて従業員や企業が力強い成長を続けられる場に生まれ変わらなければなりません。

おすすめのニューノーマルコンテンツ

未来への道のり: アジア太平洋地域のロジスティクスセクター

コロナは、アジア太平洋地域の不動産投資、需要、賃料、およびキャピタルバリューに影響を与えた。しかし、好調なセクターが1つある。それはロジスティクスだ。本レポートでは、アジア太平洋地域のロジスティクスセクターへの投資拡大を牽引し続ける主なトレンドを明らかにする。

JLL投資家アンケート:アジア太平洋地域の投資戦略を再考する

JLLはクローバル投資家38社を対象に新型コロナウイルスが投資戦略や意思決定に与えた影響についてアンケート調査を実施、その結果を分析し、まとめました。

新型コロナウイルスがオフィスワーカーに与えた影響に関するサーベイレポート vol.2

在宅勤務でオフィスという「場」の価値を再評価する動きが始まり、ミレニアル世代を中心にオフィス回帰のニーズが上昇。

緊急対応でのリモートワークが明らかにしたコロナ後のオフィスの在り方

リモートワーク実践後に出たオフィス不要論に触発され、オフィスを再考しようという意見が出始めている。これからのオフィスの在り方は、どうなっていくのか?JLLが企業を対象に行ったアンケートから見えるこれからのオフィスの存在意義とは?

不動産&ホテル投資フォーラム2020 録画視聴版

コロナ禍から脱却した「New Normal」の未来に向けての不動産戦略を読み解く

2020年版 グローバル不動産透明度インデックス

海外市場で事業展開する企業に必須の手引きとして、また、不動産市場の透明度を判断する独自の評価基準として定評ある当インデックスは、世界99カ国・163都市を調査対象にランキング形式で評価したレポートです。

クライアントの事例紹介

全ての事例紹介を見る

従業員の
ストーリー

社会人としてのキャリアは、1社目はインフラ系大手ゼネコンの不動産開発部門で社会人キャリアをスタートし、2社目として入社した大手国内不動産サービス会社で10年間勤務した後に、2016年にJLLに入社しました。前職では、再開発事業や売買仲介からM&Aなど様々な経験しました。

キャリア目標を
達成させる

もしあなたが不動産業界にキャリアを求めており、素晴らしい同僚に支えられて世界中の優れたクライアントと仕事をしたいと考えているならば、是非ご連絡下さい。