eコマースがロジステ
ィクス(物流)をどの
ように変革しているか?

堅調な人口増と急速な都市化を背景に、アジア太平洋地域で電子商取引と倉庫利用の需要が拡大

物流投資の現状

書籍やCDなどいわゆる嗜好品の販売から始まったEコマースは、現在では食品をはじめとする生活必需品にまで守備範囲を広げ、人々の生活のなかに浸透してきています。そうした状況はEコマースをひとつのデリバリーチャネルから、欠かせない社会インフラとしての地位を確固たるものにしようとしています。そのような「インフラ」を支える重要なピースが物流施設であるといえます。増加し続ける物量をさばききるだけの床面積はもとより、極限にいたるまで研ぎ澄まされた効率性を兼ね備えた大型かつ先進的な物流施設の増加が望まれています。その一方で近年では多様化する顧客のニーズに応えるため、より消費エリアに近い場所に小規模な配送センターの設置も急務とされています。すそ野が広がり続ける物流の現場は、投資家に質の高い物流投資の機会を与えているといえます。今後ますます発展していくであろう物流施設への投資をJLLではお手伝いしていきます。

将来性と課題

Eコマースの台頭により、物流施設・倉庫に対する需要は拡大を続けています。しかし、消費者の需要はこのEコマース・ブームをいつまで牽引するのでしょうか。アジア太平洋地域全体で起こっているサプライチェーンの変化が投資戦略にどのような影響を及ぼすのでしょうか。アジア太平洋地域の不動産市場に精通するJLLの専門家が議論します。

JLLにご相談ください。

JLLの投資家支援体制をご紹介します。
 

その他のトピックス

 

プライバシー通知
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)並びにその子会社・関連会社は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは責任をもって自社で取り扱う個人情報を保護します。
原則として、個人情報はお問い合わせに応える目的で収集されます。
JLLが収集した個人情報は適切なセキュリティ対策で保護するよう努め、正当な事業上または法律上の理由によって必要とされる限り保管します。その後は、安全に確実に情報を削除します。JLLによる個人情報処理方法の詳細については、プライバシーステートメントをご覧ください。