リサーチ

EFLOPS、レジリエンス、脱炭素と日本のデータセンター不動産市場

本レポートでは、日本におけるデータセンター市場の動向を開設し、今後を展望する。

2024年 07月 08日

データセンター不動産市場では、投資家の関心が急激に高まるなか、キャップレートが低下している。

全ての産業でAIの利活用が増大していくことは言うに及ばず、デジタルトランスフォーメーションや技術革新の進展にともなってデータセンター需要は拡大していくことから、今後も引き続き旺盛な投資需要に支えられデータセンター不動産投資市場も拡大の一途をだとることであろう。

データセンター市場

日本はアジアパシフィック地域最大のデータセンター市場

日本のデータセンター市場は、売上ベースで、先進国(MSCIワールド指数構成国23か国のうち香港を含まない22か国)内において、米国に次ぐ第2位の市場規模となっている。アジアパシフィック地域では最大の市場であり、オーストラリア、ニュー ジーランド、シンガポールが続く(Statista) 。日本のデータセンター市場は、2022年のマイナス 成長から回復し、2023年は5.8%の成長が見込まれ る。2027年には成長率は10.8%へ加速し、2028年には7.6%に減速すると予想されている。他方、ア ジアパシフィック地域では、引き続き上昇は継続するものの、ニュージーランドのマイナス成長が影響 し、成長率は2023年の5.3%から2024年は4.9%に減速する見通しである。

日本のデータセンター市場の成長の牽引役には、AIの利活用の増大を含むデジタルトランスフォーメーションやクラウドサービスによる需要増加が挙 げられる。

レポートの続きを読むには、以下のフォームを記入してください。

レポートをダウンロードするにはフォームにご記入ください。

プライバシー通知
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)並びにその子会社・関連会社は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは責任をもって自社で取り扱う個人情報を保護します。個人情報は、お問い合わせの対応、当社サービスやイベント等のご案内を行う目的で収集されます。JLLが収集した個人情報は適切なセキュリティ対策で保護するよう努め、正当な事業上または法律上の理由によって必要とされる限り保管します。その後は、安全に確実に情報を削除します。JLLによる個人情報処理方法の詳細については、プライバシーステートメントをご覧ください

There was an error submitting the form. Please try again.