今、求められる
不動産の新たな視点とは?

未来を見据えた投資戦略

従来通りの不動産投資のあり方が問われています。投資家は、常に新たな視点を持ち、柔軟性と持続性を重視し、テクノロジー志向の資産づくりに重点を置くことで、レジリエンスを高めて不動産の未来像をはっきりと描き出す必要があるはずです。

当社は、投資家のパートナーとして、皆様の保有資産やポートフォリオのリポジショニング、分散化、用途転用を支援し、パフォーマンス強化とリターン向上をめざします。皆様とともに、不動産の未来像を描き出すことを使命としてます。

Why JLL ? - JLL日本の不動産資 -

言語・商習慣の違いを乗り越え、世界のあらゆる不動産市場へ参入するには何が必要か?

不動産&ホテル投資フォーラム2021
オンデマンド版

アフターコロナを見据えた不動産投資市場の今後を紐解く

不動産の真価を引き出す

アジア太平洋地域の老朽化物件・低利用物件に眠る潜在利益は実に400億米ドルにのぼります。
その利益を逃さないための事業推進の切り札「Asset Enhancement(資産価値向上)」とは。

おすすめの投資関連コンテンツ

新たな成長市場:データセンターの台頭

アジア太平洋地域におけるデータセンターの市場規模は2021年に1,630億米ドルに達するとされ、2017年から30%近くの成長が予測されています。本レポートでは、データセンター市場の投資機会とその課題を理解するために日本をはじめとする成熟市場・新興市場の現状と今後の見通しについて分析しました。

アジア太平洋地域の賃貸集合住宅/ビルド・トゥ・レント不動産を再考する

コロナ禍において、アジア太平洋地域の不動産投資市場で「賃貸集合住宅」が注目されています。米国に次ぐ世界2位の市場規模を誇る日本は、地域内市場の多くで投資額が急減する中、2020年上半期の賃貸集合住宅セクターにおける投資額が前年同期比で3倍近くまで拡大しました。

JLL投資家アンケート:アジア太平洋地域の投資戦略を再考する

JLLはクローバル投資家38社を対象に新型コロナウイルスが投資戦略や意思決定に与えた影響についてアンケート調査を実施、その結果を分析し、まとめました。

アジア太平洋地域の物流不動産、新たな成長への道筋

アジア太平洋地域における物流不動産への投資額は前年比25-30%増となり、今後3-5年間で倍増すると予測されています。アジア太平洋地域の物流不動産の市場予測と今後の課題についてコロナ禍で変化する企業の物流戦略やテナント需要、投資家動向、ESG投資等の多角的視点から調査・分析しました。

JLLにご相談ください。

 

プライバシー通知
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)並びにその子会社・関連会社は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは責任をもって自社で取り扱う個人情報を保護します。
原則として、個人情報はお問い合わせに応える目的で収集されます。
JLLが収集した個人情報は適切なセキュリティ対策で保護するよう努め、正当な事業上または法律上の理由によって必要とされる限り保管します。その後は、安全に確実に情報を削除します。JLLによる個人情報処理方法の詳細については、プライバシーステートメントをご覧ください。