Why JLL ? - JLL日本の不動産投資  -

 

言語・商習慣の違いを乗り越え、世界のあらゆる不動産市場へ参入するには何が必要か?

3 / 9

クライアントファーストの企業文化

JLLが企業理念に掲げる「Achieve Ambitions」。クライアントが思い描く長期的な目標を実現することが我々の目標です。世界80カ国で事業展開し、商業用不動産における様々な知見を有する優秀な人材が約93,000名在籍するグローバルネットワークを最大限活かし、不動産投資において顧客利益を最大化するための専門チームを組成することでクライアントファーストを実現します。
5 / 9

グローバルな組織力

不動産取引市場のボーダレス化が進む中、クロスボーダー取引やグローバルレベルで拡大するポートフォリオ戦略を実現するためには、これまで以上に高度な投資戦略が求められています。より複雑になる売買スキームに対応するためにマーケット環境を多角的に分析できる高度人材が必要とされています。JLLは各国に展開するキャピタルマーケット事業部が誇るグローバルな組織力で投資判断を支援します。
7 / 9

世界規模の情報ネットワーク

海外投資を志向する国内外の機関投資家が増えています。しかし、言語・商習慣が日本とは大きく異なる未知のマーケットにおいて簡単に不動産投資で成功するのは簡単ではありません。JLLは世界のあらゆる投資マネーの最新動向を常時把握しており、世界各地の最新のマーケット情報を提供し、クライアントが希望する不動産の売却条件に最適な投資家を世界中から紹介することで不動産投資を成功に導きます。

JLLにご相談ください。

JLLの投資家支援体制をご紹介します。

 

プライバシー通知
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)並びにその子会社・関連会社は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは責任をもって自社で取り扱う個人情報を保護します。
原則として、個人情報はお問い合わせに応える目的で収集されます。
JLLが収集した個人情報は適切なセキュリティ対策で保護するよう努め、正当な事業上または法律上の理由によって必要とされる限り保管します。その後は、安全に確実に情報を削除します。JLLによる個人情報処理方法の詳細については、プライバシーステートメントをご覧ください。