グローバル不動産透明度インデックス
2020年度

海外市場で事業展開する企業に必須の手引きとして、また、不動産市場の透明度を判断する独自の評価基準として定評ある当インデックスは、世界99カ国・163都市を調査対象にランキング形式で評価したレポートです。

市場(各国)の不動産透明度インデックス

「パフォーマンス測定」「市場ファンダメンタルズ」「上場法人のガバナンス」「規制・法制度」「取引プロセス」「サステナビリティ」の6つのサブインデックス(グループ化した検証項目)について、各国の強みや弱みをご覧いただけます。ご覧になりたい国を地図上でクリックするか、地図左側の検索機能で国名を検索すると、該当市場のグローバルランクとスコアが表示されます。

透明度、デジタル化、脱炭素化…

今年のランキングで特に大きく改善した市場とは。また、世界で最も透明度の高い市場に関する詳細や、世界の不動産透明度の改善を左右する主な要因など、今回の調査から浮かび上がった最新事情に迫ります。
世界の不動産透明度の改善ペースが鈍化した理由

世界的に商業用不動産市場の透明度は向上しているものの、今回(2020年)の調査では2008年の世界金融危機以来、改善のペースが最も鈍化することにな . . .

日本の不動産透明度を改善するために必要な3つの視点

世界の不動産投資市場の「投資しやすさ」を測る指標として定着した「不動産透明度」。これまで右肩上がりでランクを上げてきた日本だ . . .

Where are the top improvers?

Asian markets see the strongest transparency progress this year

2020年度「グローバル不動産透明度インデックス」のレポート

不動産投資家やデベロッパー、入居法人にとって気になるのが、運用環境としての透明度。今、透明度が最も高いのは、どの国なのか。ぜひレポート全文をダウンロードのうえ、最新事情をご確認ください。
 

   

Learn more?
グローバル不動産透明度インデックス - 2020年度

当社調査チームにご相談ください。市場に対する鋭い視点と戦略的な助言で、お客様の不動産戦略をしっかりとサポートします。
赤城 威志
リサーチ事業部長
大東 雄人
リサーチ事業部シニアディレクター