新型コロナウイルスによる不動産市場への影響と変化

新型コロナウイルスが世界中のコミュニティーに影響を与えています。JLLは、このことがお客様のワークプレイスや資産、そして世界の不動産市場に及ぼす影響を乗り越えるお手伝いをしたいと考えています。

次の通常「ニューノーマル」における事業活動再開ガイド

世界は一時的に停まりました。世界中が新型コロナウイルスの世界的大流行の影響を分析し、新しい生活に直ちに適応しなければならなくなり、その間すべてが急停止したのです。

殆どの企業は、パンデミック前のノーマルに戻ることはありません。我々はこの危機を逆手にとり、さらなるレジリエンスを身に付け、オペレーションモデルを次のノーマル「ニューノーマル」に適応させなければなりません。パンデミックに直面した際のオペレーションの回復は、単純にオフィスを再開することではありません。この先の道のりは、段階的かつ多層的になるので、徐々に事業活動再開(リエントリー)をする準備が必要です。

リエントリーは、国、県、および地方のガイドラインと要件を含む政府の義務をしっかりと理解することから始まります。次に、安全性と回復力を最優先にして、JLLの3つの重要な柱である「オフィスの再開」、「健康とウェルネスの尊重」、そして「不動産とワークプレイス運営の活性化」を適用し、リエントリーを開始しましょう。

オフィスの再開

新型コロナウイルス後にワークプレイスを再開するに当たり、対人距離についての配慮から利用人数、テクノロジーに至るまで、効果的なガイドラインの策定や調整の方法を理解しておきます。

不動産とワークプレイス運営の活性化

ニューノーマルに向けた不動産やワークプレイス運営の活性化に、安全性、強靭性、準備態勢が整っていることを確保するため検討するべき主な項目を明らかにします。

健康とウェルネスの尊重

リエントリー期間中に、事業用不動産のオーナーやテナントが配慮するべき重要事項について学び、再開後の従業員やテナント、ビジターの心身の健康を促進します。

新型コロナウイルスによるビジネスの変化

もっと関連リサーチを見る(英語版)

CNNのインタビュー:JLLのCEOであるクリスチャンが新型コロナウイルスの影響に対応した「リエントリー戦略」について解説

いまだ世界規模で大きな影響を及ぼしている新型コロナウイルス。企業が事業活動再開(リエントリー)を進める中、求められる対応策「リエントリー戦略」について、JLL最高経営責任者のクリスチャン ウルブリックがCNNインターナショナルのインタビューで解説しました。(英語)
リサーチ

APACの不動産市場に与える新型コロナウイルスの影響とは?

talk to us
新型コロナウイルスへの不動産戦略

リモートワークプログラムの開発加速、資産やポートフォリオに対するあらゆる影響の評価や、この前代未聞の危機に際してお客様が直面している様々な課題について、JLLにどのような支援ができるか、まずはお問い合わせください。


免責事項:
JLLおよび弊社スタッフは、貴社の事業継続計画策定もしくは対策計画策定につき、医療および公衆衛生の視点から指導し、または影響を与える権限もしくは資格を有せず、弊社は何らの責任を負うものではありません。第三者より公開された最新の資料等を提供するよう努めますが、新型コロナウイルスに関する一切の情報、医療・公衆衛生上の影響については、独立した専門家の助言に基づく対応をお願いいたします。