リサーチ

サステナブル不動産の道:エネルギー編

2024年 03月 21日

日本は2030年度にGHG(Greenhouse Gas:温室効果ガス)排出量を2013年度から46%削減することを目指している。すでに半ばに差し掛かっているのに、不動産関連の排出削減量は目標の半分にも届いていない。不動産のCO2排出削減ひいてはネットゼロカーボンを追求するには、建築物のエネルギー効率の改善や化石燃料からの転換も重要な要素であり、本レポートでは建築物のエネルギー性能を評価する制度や関連動向について概観する。

レポートをダウンロードするにはフォームにご記入ください。

プライバシー通知
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)並びにその子会社・関連会社は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは責任をもって自社で取り扱う個人情報を保護します。個人情報は、お問い合わせの対応、当社サービスやイベント等のご案内を行う目的で収集されます。JLLが収集した個人情報は適切なセキュリティ対策で保護するよう努め、正当な事業上または法律上の理由によって必要とされる限り保管します。その後は、安全に確実に情報を削除します。JLLによる個人情報処理方法の詳細については、プライバシーステートメントをご覧ください

There was an error submitting the form. Please try again.