働き方改革の要
「ワークプレイス改革」

人手不足で求められる「労働生産性の向上」「従業員の確保」をする方法とは?

「働き方の未来」をけん引するFuture-Fit 企業

Future of Work(働き方の未来)」調査では、世界のCRE(企業不動産)リーダー500社以上を対象に、働き方の未来に対する戦略や見解を調査しました。今回の調査により、平均成長率の高い「働き方の未来」をけん引しているFuture-Fit企業の特性や戦略が明らかになりました。

Future-Fitの定義に該当する日本企業の割合は? レポートを見る


ワークプレイス改革の最新記事

ワークプレイス改革の事例紹介

ワークプレイス改革の関連レポート

平均成長率31%の「Future Fit 企業」の不動産戦略とは?

卓越したCRE戦略(テクノロジー、イノベーション、コラボレーション、アウトソース)と業績向上の相関性が明らかに

ワークプレイス改革 by JLL

ワークプレイス改革は、ヒトの体験(ヒューマン エクスペリエンス)を大切にするワークスペース作りが重要です。従業員が、エンゲージメント(会社との結びつきや愛着)やエンパワーメント(働くスペースやツールの選択の自由)、そしてフルフィルメント(満たされた幸せな気持ち)を得られる環境を提供することで、企業の業績及び価値向上につながることが示されています。

JLLのワークプレイス改革では、ヒトの体験をIoTセンサーでデジタル化し、従業員とワークスペースの相互作用を円滑に且つ効率よく促すフレキシブルなワークプレイスを作ります。
スペース利用率の可視化・分析

温度も計測できるIoT人感センサーを各デスクや会議室、ラウンジなどに設置し、オフィスの利用状況を可視化・分析を行います。

JLLアナリティクスの管理画面では、利用率を色分けしたヒートマップ、利用状況を時間帯別に示したグラフ、各座席のリアルタイム温度などを、簡単に見ることができます。

IoTセンサーの詳細はこちら

実測データによるオフィス設計

「IoT人感・温度センサー」で集計・分析したデータを利用し、これまで生かしきれていなかったデットスペースの活用(スペース利用の効率化)や、ストレスのないオフィス空間の提供、従業員同士が相互に作用できるワークスペース環境を、実データに基づいて最適化・設計をします。


ヒューマン エクスペリエンス(体験)を大切にしたデザイン

ワークプレイスで実感する「ヒトの体験」は、従業員のエンゲージメントに関わる大切な要素であり、企業の戦略と経営の両面において重要な役割を果たします。

ワークプレイス改革に重要なヒューマン エクスペリエンスは、エンゲージメントエンパワーメントフルフィルメントという3つの要素でヒトの体験を分析し、顧客、従業員、同僚、関係者、そしてブランドに対して独自の価値を創造します。

不動産戦略アドバイス

ワークプレイス改革と顧客の事業戦略を実現させる為の環境条件を、現在の占有スペースで満たせられるのか、多角的にアドバイスします。

現オフィスビルに留まるのか、それとも移転を検討するべきなのか、会社のブランドイメージやコスト(賃料・交通&通勤費)、位置的利便性、そしてビジネス条件などを考慮し、クライアント側に立ってアドバイスします。


オフィスサイトの選定・交渉

ワークプレイス改革により移転を伴う場合、ワークプレイス戦略とクライアントの事業戦略に適したエリア・オフィスビルの選定を行います。

日本最大級の取扱い物件数を誇るデータベースから、ニーズに合った候補物件を選出し、物件の内見から交渉、そして契約に至るまでトータルにてサポートします。

ワークプレイス改革のプロフェッショナル