記事

デジタルワークプレイスが拓くこれからの働き方

デジタルはヒトが働く上で必要不可欠な要素の1つとなっている。「デジタルワークプレイス」というキーワードが出てくるほど、テクノロジーはヒトの生活に深く浸透し、インフラのような存在になってきているのだ。 DX時代において、今後ヒトの働き方がどのように変わっていくのか、またデジタルワークプレイスとヒトとの関係性について解説する。

2020年 11月 25日

デジタルワークプレイスとは?

そもそもデジタルワークプレイスとは何なのか?会議やチャット、ファイル共有、タスク管理など日々の業務をデジタル上のプラットフォームに集約して、仕事を行うという考え方だ。毎日決まった時間にオフィスで顔を合わせて仕事を行うというスタイルとは異なり、時間や場所にとらわれずに働くことが可能になる。昨今トレンドにもなっている ABWを取り入れた働き方やオフィス  はデジタルワークプレイスがあるからこそ実現できるのではないだろうか。急速に進む企業のDX化、また新型コロナウイルスの感染拡大という状況で、デジタルワークプレイスの可能性に注目が集まっている。

デジタルワークプレイスが注目される背景

デジタルワークプレイスが注目されるようになったのは、2019年4月に施行された働き方関連法 により、仕事の生産性向上を目指し、個人の多様なライフスタイルに適応した働き方を選択できる環境へ改善する取り組みに注力され始めたことがきっかけだ。デジタルをワークプレイスへ活用することで遠隔での作業や会議、場所や時間に縛られない働き方が可能となり、多様な人材の雇用にも繋がった。また、ITやICTの急速な普及、新型コロナウイルスのタイミングでDX化が加速という時代の流れによりデジタルワークプレイスが以前よりも近い存在になったことは明確だ。

ワークプレイス改革について詳しく見る

デジタルワークプレイスがもたらす効果

従業員の生産性向上

デジタルワークプレイスで働くことで得られる効果に1つに、従業員の生産性向上が挙げられる。従来の働き方では、社内会議に使う資料の作成から印刷までのプロセスに時間を要していたが、デジタルの活用によりそれらのプロセスにかかる時間が大幅に短縮される。資料だけでなく、対面での打ち合わせができないクライアントとの非対面型のデジタルな打ち合わせを可能にしたり、社内コミュニケーションツールの活用で、業務に関するチーム内のやり取りを効率よく行える。

データの可視化によるコストやスペースの最適化

デジタルワークプレイスは、ヒトが見ることのできないデータを可視化し、コストやスペースの最適化の観点から企業経営をサポートすることができる。例えば、リモートワークによる従業員の働き方の変化によるオフィススペースの最適化が挙げられる。オフィススペースの使用率を目に見える具体的なデータでアウトプットし、そのデータからスペースをどのように最適化するのか等を判断し、リノベーションやコスト改善に繋げることが可能となる。デジタルワークプレイスは、今までヒトが不可能としてきたことを実現させ、最先端の技術を通してサポートしてくれるのだ。

ワークプレイスに導入されているデジタルツール

オフィススペース利用の最適化を図る「IoTアナリティクス」

デジタルワークプレイスで使用されているツールで注目を集めているのが、IoTセンサーを用い、従業員の着席状況や会議室の利用率などスペース環境のデータを集積し、分析することでスペースの最適化を図る「IoTアナリティクス 」だ。人感・温度センサーにより各座席の利用率ヒートマップや座席の温度をリアルタイムで確認できるなど、データによって状況を把握、次にどのようなスペース最適化が必要なのか?という課題に対し、より明確に解決策を見出すことが可能となるツールだ。テレワークの急速な普及によりスペースの最適化が求められる今、IoTアナリティクスを活用し、データの可視化で改善に繋げている企業も少なくない。デジタルワークプレイスに欠かせないツールは、働き方だけでなく、企業経営という重要な要素の最適化にも大きく貢献している。

ヒト中心の考え方のデジタルワークプレイスが導くこれからの働き方


デジタルワークプレイスは生産性を向上させ、様々な課題を解決してきた。しかしその一方で「リアルなコミュニケーションが減った」などデジタル特有の課題も多く挙げられる。ワークプレイスはヒトが中心で成り立っているからこそ、効率性のみを求めてしまってもバランスが崩れてきてしまう。重要なのは、リアルなコミュニケーションというヒトとして欠かせない本質的な要素を大前提とした上で、デジタルワークプレイスでの働き方の進化をバランスよく考えることではないだろうか。”ヒト”を中心に考えたデジタルワークプレイスでの時代に適応した、これからの働き方の更なるアップデートに今後も期待したい。

ワークプレイスに欠かせないテクノロジーを詳しく見る 

お問い合わせ