データセンター

「データセンター+」で、いま、次の時代を切り開く

変化が大きい市場で安定性を確保

世界のデジタル化は指数関数的な速さで進んでいます。これは、世界中の組織が、最も価値が高い資産のひとつであるデータの強化と保護に、いま集中していることを意味しています。​

「データセンター+」は、データセンター事業者とその利用者のために、包括的なソリューションを提供し、業績を後押しします。当社は、データセンター市場戦略の策定と実行、プロジェクトの期限内・予算内での完了、データセンターの100%稼働、効率性と収益性を高めるサステナビリティプログラムの策定を支援し、同時に経費とTCO(購入から廃棄までの総保有コスト)の最適化を支援します。データの重要性がかつてないほどに高まるにつれ、データセンターの重要度も増してきています。​

データセンター+

ハイパースケール(クラウド)、コロケーション、および企業向けの包括的なソリューションを提供し、業績を後押しします。

注目のソリューション

ポートフォリオ戦略・用地選定

当社は、数十年に及ぶ実績と、市場に関する業界最高水準の知見やデータのプラットフォームを組み合わせることで、データセンター事業者のための新たなビジネス機会を見い出します。市場に関する深い知見を活用し、市場の複雑さや、現在のコロケーション需給、および市場内外のあらゆる投資機会を見極めるお手伝いをします。​

リーシング​

JLLのグローバルな事業展開と広範なネットワークは、工夫を凝らしたリーシング戦略との相乗効果によって、当社がお客様の信頼に値するリースパートナーとなることを支えています。テナントに関する圧倒的な情報を活かすことで、お客様が現地の市場力学を理解し、独自の資産活用機会を創出するとともに、市場での競争力強化につながるユニークな選択肢を見い出すお手伝いをします。​

キャピタルマーケット・ファイナンス​

JLLでは、業界トップの経験と機動力に裏打ちされたデータセンター専門チームを擁しています。セール&リースバック、デットリストラクチャリング、リキャピタリゼーション、資金調達、戦略的計画立案など、あらゆるニーズに対応し、お客様のアンビションの実現をお手伝いします。

コミッショニング

当社は、総合コミッショニングサービスを自社で提供している唯一のCREサービスベンダーとして、生産性向上とリスク軽減を図っています。施設運営に関する深い知識と入念な納入・引き渡しプロセスを組み合わせることで、お客様のデータセンター立ち上げの成功を支援します。

プロジェクトマネジメント

設計、インフラの刷新、サーバールームおよび電力容量の増強、建物のコンバージョンなど、お客様のさまざまなデータセンタープロジェクトを、期限と予算に合わせて実行します。​

ファシリティマネジメント

当社は、ミッションクリティカルなデータセンターの管理に関して数十年に及ぶ実績があります。著名な専門家が名を連ねる当社のグローバルチームは、業界をリードするテクノロジーとプラットフォームを活かすことで、ダウンタイムを抑制し、TCOを最適化しながら、データセンター運用業務をあらゆる面からサポートします。​

省エネ・サステナビリティプログラム

当社のサステナビリティ専門家は、エネルギー消費とコストを削減するために実行可能な機会を特定します。ビルシステムのエネルギー効率を最適化し、ネットゼロ目標を達成するサステナビリティプログラムを実施するとともに、お客様の投資に対して目に見えるリターンを確保します。​

注目のコンテンツ

環境対応を進めるデータセンターの今

新たな成長市場:データセンターの台頭

アジア太平洋地域におけるデータセンターの市場規模は2021年に1,630億米ドルに達するとされ、2017年から30%近くの成長が予測されています。JLLではデータセンター市場の投資機会とその課題を理解するために日本をはじめとする成熟市場・新興市場の現状と今後の見通しについて分析したレポートを発表しました。

レポートは以下よりダウンロードできます。

Talk to us 
データセンター向けの不動産サービス

データセンター+について相談する

 

プライバシー通知
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)並びにその子会社・関連会社は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは責任をもって自社で取り扱う個人情報を保護します。
原則として、個人情報はお問い合わせに応える目的で収集されます。
JLLが収集した個人情報は適切なセキュリティ対策で保護するよう努め、正当な事業上または法律上の理由によって必要とされる限り保管します。その後は、安全に確実に情報を削除します。JLLによる個人情報処理方法の詳細については、プライバシーステートメントをご覧ください。