イシャイ ラーナー

JLLテクノロジーズ 共同最高経営責任者

大きな課題に、クリエーティブ、革新的かつ技術的なソリューションをみつけることがイシャイを駆り立てます。

2017年に不動産テック系スタートアップ企業に投資する戦略的ベンチャーファンドであるJLL Sparkの共同CEOとしてJLLに加わり、JLLのサービスに革新性を注入し、クライアントや業界全体に利益をもたらしました。2019年には、JLLのテクノロジー商品およびサービスを調整・拡大するべく新たに設立されたJLLのテクノロジース事業部門共同CEOに任命され、同時にグローバルエグゼクティブボードのメンバーに加わりました。

ミヒール・シャーと共同で設立したスタートアップ企業であるMob.lyをGrouponに売却後は、商業用不動産におけるテクノロジー採用の加速にチャレンジしています。Activision Studiosでビデオゲーム向けのAI構築を経て、複数のモバイル系スタートアップ企業の初期従業員も務めました。UberやBoom Supersonicなど、数多くのスタートアップ企業へのエンジェル投資や助言の経験もあります。

Grouponでは十数名のエンジニア・チームを世界各地に散らばる500名超のデベロッパー集団へと拡張させました。Grouponの消費者モバイルアプリ第1号を実現させ、企業向けの商品やツールがこれに続きました。Grouponの事業拡大に重要な役割を果たし、モバイル事業が総流通額に占める割合を0%から50%へと成長させたチームを構築し、様々な買収企業のテクノロジーやプラットフォームを統合してシェアドSOAアーキテクチャへのグローバルな移行を指導しました。2013年にはGrouponの全ソフトウェア開発をグローバルに統括するグローバルエンジニアリングSVP兼CTOを務めました。この役割においては、グローバルなeコマースプラットフォームを運営して年50億ドルを超える総流通額を処理しました。また、Grouponの数多い会社やテクノロジー買収のデューディリジェンスも指揮しました。

Grouponによる買収前には、Mob.lyの最高技術責任者兼共同設立者でした。Mob.lyはカテゴリー有数の位置情報モバイルアプリを多数構築しました。

Mob.ly共同設立の前には、モバイル系スタートアップ企業2社で初代エンジニアを務めました。携帯電話対象のデータ分析プラットフォームであるCarrier IQの設立を支援しました。Carrier IQはピーク時には多くのiPhoneやアンドロイドのモデルを含む米国携帯端末の大半に組み込まれていました。また、Core Mobilityでも初代エンジニアを務め、スプリント/ネクステルのプッシュ・ツー・トーク・サービスを含め、携帯キャリア向けの多くのネイティブ商品ラインの開発を支えました。Core Mobilityはその後Smith Microに買収されました。

マサチューセッツ工科大学より電子工学およびコンピュータ科学の学士号取得、AIに注目してMITのメディアラボに貢献しました。