サンジャイは、クライアントがワークプレイスや不動産ポートフォリオ、人材のパフォーマンスを向上させて、仕事の未来を創造、形成、管理するのを支援することに専念するアメリカのチームを率いています。

25年間にわたり、大規模なグローバル企業がテクノロジーを活用してアンビションを達成するのを手助けしてきました。彼は複雑なビジネス、転換点となるような変化、破壊的技術の開発に関する深い専門知識を持っています。アメリカ大陸全土に散らばるコーポレートソリューションズチームは、データを活用して働き方の日常を一変させるスペースを構築、管理、改善します。

2018年にJLLに加わる前は、IBMでクラウドコンサルティングサービスの責任者を務めていました。その前にはジョンソンコントロールズオートモーティブのチーフインフォーメーションオフィサー兼グループヴァイスプレジデント、PwCのパートナー、IBMグローバルストラテジーのヴァイスプレジデントも務めました。

また、アメリカ大陸におけるJLLの方向性と戦略を決定するアメリカ大陸エグゼクティブコミッティーのメンバーでもあります。

機械工学学士号、経営システム修士号と経営学博士号を取得しています。

余暇には妻と二人娘と過ごす時間を楽しんでいます。ゴルフとハイキングが好きで、ヒマラヤでの高地トレッキングは最も素晴らしい思い出の一つです。