Stuart Crow

スチュアート クロウ

アジアパシフィック キャピタルマーケット部門ヘッド

商業投資、コーポレートファイナス、デット・アドバイザリーを担当しています。

不動産ファイナンスと投資に20年超の経験があります。 アジア太平洋地域の主要不動産市場の全てに携わった経験があり、クロスボーダー投資家のデット及びエクイティと投資機会の特定にフォーカスしています。2001年以降はシンガポールを拠点としており、45億米ドルを超える売却取引となったシンガポールのツイン・タワー・アジア・スクウェア・オフィス・プロジェクト等、地域内最大規模の商業用不動産取引で重要な役割を果たしてきました。

クライアントと密接に協力して、ニーズに最適な機会を特定することを優先事項としています。その指揮下でJLLは7年連続してリアル・キャピタル・アナリティクスのアジア太平洋地域不動産アドバイザリー企業ランキング第1位を取得しています。

風光明媚なオーストラリアの地方で育ち、熱心なテニスファンです。余暇はテニスコートと活発な3児と過ごす時間に割いています。