ジョージ トーマス

アジアパシフィック CIO

シンガポールを拠点に、JLLのデジタル・トランスフォーメーション憲章の不可欠の要素であるテクノロジー、データ、及び情報管理戦略の開発と導入を担当しています。

米ゼネラル・エレクトリックでGEの民生品事業を支えるシックスシグマ・チームのデータシステム・アナリストとしてキャリアを開始しました。

また、香港上海銀行で12年間以上にわたり、香港、カリフォルニア、ニューヨーク等の主要都市でチーフ・データ・オフィサー、カスタマー・インテリジェンス担当グローバルヘッド、グローバル・アナリティクス・ヘッド、プロダクト・マネジメント・ヘッド等、国内外の重要な役員ポストにつきました。

また、テクノロジー、データ管理、データ科学及び分析に関するグローバル・センターズ・オブ・エクスパーティーズのビジョン、設計、開発を率先する重要な役割も果たしています。テクノロジー、データ管理、データ科学及び分析における15年を超える国際経験は、JLLの地域内外におけるデジタル・インパクトに革命をもたらしました。

インドのケララ大学機械工学士号、米国ケンタッキー州ルイビル大学生産管理工学オペレーションズリサーチ修士号取得。

テクノロジー以外では、6歳で始めたテニスに情熱を注いでいます。16歳でプロに転向して数年間プロ選手として活動しましたが、その後高等教育に興味が移りました。今も少なくとも週1回はプレーしています。