JLL取締役会メンバーの
ご紹介

経験豊富で多様な経歴を有するJLLの取締役メンバーは、株主の皆様の最善の利益を代表し、ガバナンスやリスク管理の策定の舵取りを行っています。

元社長兼CEO
TransUnion

シッダルト(ボビー)・メータは、2019年にディレクターに任命されました。

2007年から2012年には、グローバルな信用情報管理サービス会社であるTransUnionの社長兼CEOを務めました。それ以前には、多国籍銀行・金融サービス会社であるHSBCでHSBC North America HoldingsのCEOやHSBC Finance CorporationのCEOを含む様々な役割を果たしました。

現在、The Allstate Corporation、Northern Trust、TransUnion、Entrust Datacard Corporation、Piramal Enterpreses Ltd、およびAvantの取締役を務めています。 また、非営利団体であるField MuseumとChicago Public Education Fundの理事会メンバーでもあります。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスより経済学士号、シカゴ大学よりMBA取得。

社長 兼 最高経営責任者

JLLの戦略的な方向性や成長に関する総合的な責任を負い、社内における最高経営委員会であるグローバル・エグゼクティブ・ボード議長を務めています。

JLLの上級経営陣と共に、JLLを世界の有力企業に位置付ける戦略の舵を指揮しています。そのビジョン実現のため、お客様、従業員、株主の皆様の成功を牽引する最先端のデジタルソリューションに注力しています。

10年以上にわたり、JLLで指導的な役割を果たしています。2005年にドイツのマネージングディレクターとしてJLL入社。2009年にヨーロッパ、中東及びアフリカ地域CEO就任、GEBのメンバーに加わりました。それ以前には、MMウォーバーグ銀行のパートナーであるハンブルクを拠点とするHIHグループ企業のCEOを7年間勤め、その前の10年間は他のドイツや国際的な銀行で上級経営陣を務めていました。

サステナブル、多様で包括的な世界の未来の熱心な支持者でもあります。世界経済フォーラムの反汚職パートナー・イニシアティブ(Partnering Against Corruption Initiative:PACI)ヴァンガードの理事会と、ドイツ最大のレジデンシャル不動産会社ヴォノヴィアSE取締役会のメンバーです。

ハンブルク大学経営学士、スタンフォード大学GSBプログラムに参加。ドイツ、フランクフルト在住。 .

リオティントPlc(Rio Tinto Plc)オーガニゼーショナル・リソーシーズ 
元グループ・エグゼクティブ
2011年3月JLL取締役就任。

2011年3月JLL取締役就任。 .

2007年から2017年はリオティント・オーガニゼーショナル・リソーシズのグループ・エグゼクティブとして、渉外から情報システム及びテクノロジーまで、あらゆる事項について総合的な責任を負っていました。リオティントPlcは英国を拠点とする国際的な金属鉱業グループです。

それ以前には、ヒューレット・パッカード・コーポレーションのテクノロジー・ソリューションズ・グループ人事担当グローバル・ヴァイス・プレジデントを務めました。また、コンパック・コンピューター、ノーテル・ネットワークス、アボット・ラボラトリーズにも勤務経験があります。

ベルギーのゲント大学および大学院でで言語学およびヒューマン・リソーシズ・アンド・マーケティング学位取得。

アリアカ・ネットワークス最高経営責任者

2018年11月に当社取締役に任命されました。現在、クラウドやオンプレミスのネットワークアプリケーションを提供する有力ベンダー、アリアカ・ネットワークスのCEOを務めています。前職は、通信キャリアやサービスプロバイダー向けに音声通信サービスの卸売を手がけるインテリクエントの社長兼CEOでした。

インテリクエント入社前には、スプリントで140億ドルを売り上げるグローバル通信技術事業部のエンタープライズソリューション事業部でプレジデントを始め、各種要職を歴任。JLL以外の取締役としては、インテリクエント(退任)、アポロ・エデュケーション・グループ(退任)、NRGエナジー(現職)、USG(現職)でも取締役を務めています。ノースウエスタン大学卒業後、ハーバードビジネススクールでMBA取得。

プライスウォーターハウスクーパース・インターナショナル・リミテッド元グローバルCEO。

2015年JLL取締役就任。

2009年に8年間務めた世界有数のプロフェッショナルサービス企業プライスウォーターハウスクーパース・インターナショナル・リミテッドのグローバルCEOを退任。PwCでの36年間のキャリアでは会長兼シニアパートナーとして米国事業および米州税務部門を率い、グローバル・リーダシップチームのメンバーを務めました。

PwC退職後は、2011年から2014年2月までシティグループ・インクのグローバル・コーポレート・アンド・インベストメントバンク副会長を務めました。

現在はメイヨー・クリニックの理事会長を務め、いずれもNYSE上場会社であるディレクTVインク、プロアシュアランス・インク、及びAT&Tインクの取締役でもあります。ニューヨーク市の聖パトリック大聖堂とニューヨーク市自・インナー・シティ・スカラシップ・ファンドのエグゼクティブ・コミッティーのメンバーであり、世界経済フォーラム米国ファンデーション・ボード理事、米国9.11追悼博物館エグゼクティブ・コミッティーのメンバーでもあります。

国際財務報告基準委員会財団理事、ジュネーブに拠点を置く持続可能な開発のための世界経済人会議、ザ・カンファレンス・ボード・インク、ジュニア・アチーブメント・ワールドワイド、およびFASBの監督機関である財務会計財団の元会長。

アラバマ大学会計学部卒業、ヒューストン大学修士号取得。「Building Public Trust:The Future of Corporate Reporting」共著。

KPCB ChinaとTDF Capitalの創設・管理・ジェネラルパートナー

2021年5月にJLLディレクターとして任命されました。

ジュ氏は、ベンチャー キャピタル、投資銀行、および運用で 30年以上の経験があります。彼女は、2000年にVTDF China を共同設立し、2007年にはKPCB Chinaを共同設立しました。

彼女のキャリア初期には、10年間に渡る投資銀行の業務経験があり、ドイツ銀行にてTMT及びトランスポート・アジアの責任者として、メリルリンチではアジア・テクノロジー及びコーポレート・ファイナンス・チームの責任者として、ゴールドマン・サックスに勤務していました。

現在ジュ氏は、さまざまな民間企業と公開フィンテック企業で信用管理と資産管理の両方のソリューションを提供するYiren Digital Ltdの取締役を務めていて、オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールのグローバル・リーダーシップ・カウンシルのメンバーでもあります。

ジュ氏は、カリフォルニア大学バークレー校でインダストリアル エンジニアリングおよびオペレーションズリサーチの学士号を取得し、ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得しました。

ファースト・イーグル・ホールディングス・インク
非常勤会長
元CEO.

2016年3月より現職。

ファースト・イーグル・ホールディングス・インク非常勤会長であり、ファースト・イーグル・インベストメント・マネジメントと同社CEOのシニア・アドバイザーを務めています。2009年よりファースト・イーグルに勤務、同社の社長とCEOも務めました。

ファースト・イーグルの前には、オッペンハイマー・ファンズ・インクのCOO、社長、CEO及び会長を務め、米国の女性に自分自身の財務管理の必要性について教育するの女性と投資プログラムを創設したことで知られます。

多数の上場会社や非営利団体の取締役を務めた経験があり、現在はジュピター・ファンド・マネジメントPlc、マーチャントバンクであるクローズ・ブラザースPlc、及びTIAA-CREFミューチュアル・ファンドの取締役を務めています。

英国人で、エジンバラ大学より心理学士号取得、エジンバラ・カレッジ・オブ・コマース大学院卒業。

元エグゼクティブ・バイスプレジデント
ジョン・ハンコック・フィナンシャル・サービシズ・インク、ストラクチャードおよびオルタナティブ投資部門

デボラ(デビー)は、2019年にディレクターに任命されました。

ジョン・ハンコック・フィナンシャル・サービシズでの20年を超える勤務では様々な役割を果たし、直近はストラクチャードおよびオルタナティブ投資部JLLが先日買収した有力キャピタルマーケット・アドバイザーであるHFFの取締役を勤め、現在KKR Real Estate Finance Trust, Inc.、THL Credit Advisors LLC、RREEF Property Trust, Inc.とRREEF America REIT IIの取締役でもあります。

バーモント大学より経営学士号、アメリカン・カレッジ・オブ・コーポレート・ディレクターズよりMasters Professioncal Director認定を取得。

シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー
Cisco (シスコ)

ジートゥ・パテルは、2019年にディレクターに任命されました。

パテル氏は、シスコのセキュリティ及びアプリケーション事業のシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーです。数十億ドル規模のポートフォリオ戦略と開発を主導し、セキュリティ、AppDynamics、コラボレーション各部門のP&Lを担当しています。シスコに入社する前は、エンタープライズクラウドコンテンツ管理プラットフォームであるBoxの最高製品責任者および最高戦略責任者でした。パテル氏は、会社の製品およびプラットフォーム戦略、そして企業におけるクラウドコンテンツ管理の長期ロードマップとビジョン設定を監督していました。その他の過去の役職としては、EMCのSyncplicityビジネスユニット(現在はDellの一部)のゼネラルマネージャー兼最高経営責任者、そしてコラボレーションとコンテンツ管理を専門とするリサーチおよびアドバイザリー会社のDoculabsの創設者および社長職が含まれます。

パテル氏は、開発者を雇用するための市場をリードする技術評価およびリモートインタビューソリューションであるHackerRankの取締役会のメンバーです。

イリノイ大学シカゴ校より情報決定科学の学士号取得。

ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッド 取締役会長
ノーザン・トラスト・コーポレーション、コーポレート・アンド・インスティチューショナル・サービシズ元プレジデント

2002年9月JLL取締役就任。2005年より現職。

2000年9月 23年間勤務した個人・法人向け金融サービス会社兼銀行持株会社、ノーザン・トラスト・コーポレーションを退職。同社ではコーポレート・アンド・インスティテューショナル・サービシズ事業部門プレジデント、経営委員会メンバーを務めました。

現在はマクドナルド・コーポレーションの取締役であり、2001年から2007年にはボストン・コンサルティング・グループのエグゼクティブ・アドバイザーも務めました。

英国バーミンガム大学卒業、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修士号取得。スタンフォード大学経営大学院エグゼクティブ・プログラム終了。

ブラックロック・インク
元CFO

2015年5月より現職、2016年5月より監査委員会委員長。

2007年から2014年まで、世界各国の政府、企業、財団や個人の資産数兆ドルを運用する世界最大の資産運用会社ブラックロック・インクのシニア・リーダーを務めました。直近では、米国クライアント・ソリューションズの共同ヘッドを務めていました。それ以前には、ブラックロックのCFOを務めました。

ブラックロック入社以前は、フォード・モーター・カンパニーの米国、欧州、南米拠点に23年間勤務、副社長兼財務部長を務めました。

現在、ブラックロックの関連会社数社の取締役を務めています。また、財務会計協会の理事、書記兼会計幹事でもあります。

1982年ムーレンバーグ大学経営学・スペイン語学学士号取得、1984年カーネギーメロン大学MSIA取得。