記事

これからの戦略的なオフィスデザインとその事例

オフィス価値の再考により、企業が取り入れるオフィスデザインやその事例も日々変化している。ニューノーマルな働き方の実現により、従業員の安全や衛生対策を最優先にするからこそ、オフィスの再設計が必要となり、従来からの課題であった働き方を変えるための要素も盛り込んだオフィスデザインが重要視されている。変化に適応した戦略的なオフィスデザインと事例を紹介する。

2020年 10月 09日

オフィスデザインに取り入れるべき新しいポイントとは?

新しい行動を考慮したオフィスデザインやレイアウト

ニューノーマルにおけるオフィスの在り方が大きく様変わりし、それに伴い働く人々の行動もアップデートされた。これからの時代に求められるオフィスデザインは、従業員が安全で安心して衛生的に仕事を行える場所であること、また共用スペースでの集会を制限、オフィススペースの利用者数の明確な確認・管理等 が挙げられ、今後これらの新しい行動を考慮したオフィスデザインやレイアウトが積極的に採用されていくだろう。

ソーシャルディスタンスを遵守したオフィス戦略

アップデートされた働き方に適応したオフィスデザインにソーシャルディスタンス戦略は欠かせない。安全性を考慮し、対面型の会議を極力避けるため、ビデオ会議やその他のバーチャル会議などテクノロジーの活用やソーシャルディスタンスが維持できるよう、物理的スペースの再考によるオフィスの再設計など、ヒトとの距離についての考え方が変化したからこそ、オフィスデザインやレイアウトも柔軟に適応していく必要がある。

「リアルな場」としてヒトとのつながりを感じるようなオフィス

一方、在宅勤務や外部貸し共用オフィス等を活用したソーシャルディスタンスを意識したワークプレイス戦略を実践する企業が増える中、コワーキングのような多様な個性が集まり、リアルなコミュニケーションが生まれる場所の価値も再認識されるようになった。テクノロジーの活用により生産性は向上したが、デジタル上では雑談など偶発的なコミュニケーションは生まれにくい。JLLが実施したオフィス戦略のニューノーマルに関するアンケート調査では、「今後のオフィスの役割は?」という質問に対し、「Face To Faceのコミュニケーション」や「Face To Faceによるイノベーション・コラボレーション創発」が上位3位以内にランクインした。働く場所はヒトの体験を軸に作り上げられるケースが増えており、今後のオフィスデザインに取り入れるべきポイントとしてリアルコミュニケーションは重要な要素となるだろう。

ニューノーマルにおけるワークプレイスのリエントリーガイドブックを見る

最新オフィスデザインの事例

「リアルコミュニティ」を重視したカスタマイズオフィス事例

多数のスタートアップが入居する外部貸し共有オフィスのC は、スタートアップマインドのある人やチームの働き方がこれからの社会のスタンダードになると感じ、多様な領域のヒトが自然に流動する空間や柔軟なプランを提供している。スタートアップにヒアリングを行い、施設のプランニングを進め「スタートアップが望む働く場」を体現したオフィス環境となっている。オフィスデザインの具体例として挙げられる「カスタマイズオフィス」は、個室ではなく天井近くの間仕切り壁が開放された半個室で、跳ね上げ式の窓を開くとフリーアドレス席と一体感が生まれるようなデザインになっている。カスタマイズオフィスの個室入り口には各社のロゴ入りの暖簾が下げられ、会社のオリジナリティを出すことができる。このようなアイデアもスタートアップからのヒアリングを通して生み出されたのだ。今後オフィスデザインを再考する企業にとって「リアルなコミュニティ」は欠かせないポイントとなるだろう。

「帰ってきたくなるオフィス」をコンセプトにしたオフィスデザイン事例

IT等のテクノロジーを駆使してクライアントの課題を解決するコンサルティングファームのN社 は、一般的なコンサルファームの理路整然やロジック優先の冷徹なイメージとは全く異なる「人の温かみ」を重視してサービスを提供する異色の存在。そのコンセプトがオフィス戦略としても活用されているのだ。東京都内に位置しながらも南国のビーチを彷彿させるオフィスデザインは、居心地の良さを醸し出している。本格的なバーカウンターや天井板を撤去した開放的なオープンスペース、室内のいたるところに展示されたサーフボードなど「コンサルファームの一般的なイメージとは異なる温かみが感じられる西海岸風」のデザインとなっている。

従業員の満足度を高めるオフィス戦略により従業員の離職率は2年平均で12%前後を維持(一般的にコンサル業界の離職率は1年平均で20-30%といわれている)。モチベーションを喚起するオフィスの役割も大きいが、会社のカルチャーにフィットした人材を採用していることも成果に繋がっているそうだ。

オフィスが果たす役割は、時代やヒトのニーズによって変化する。ニューノーマルな働き方により従業員がオフィスに求める要素も変容する中、ヒトとのつながりを感じられるコミュニケーションは変わらず必要とされ続けている。働き方を変え、改善していく上で、物質的な要素ももちろん欠かせないが、同時にヒトの本質的で精神的な観点での要素もオフィスデザインには必要不可欠となり、今後その重要性はさらに増していくであろう。

オフィスデザインの事例を見る

お問い合わせ