記事

これからのオフィス需要と求められる要素

with/afterコロナ時代における、企業のオフィス戦略のアップデートにより、オフィス需要を形成する要素も変化している。企業やオフィスワーカーの現状も踏まえ、これからのオフィス需要や必要とされる要素がどのようになっていくのか解説する。

2021年 02月 19日
ニューノーマル時代のオフィスワーカーの現状と今後

新型コロナウイルスの影響により世界中のオフィスワーカーの71%がリモートワークを経験したという調査結果が確認されており、世界でもかなりの割合のオフィスワーカーがニューノーマルな働き方を体験したといえる。

コロナ禍での状況変化により、週のオフィス出勤日数を減らしリモートワークと融合させたハイブリッドな働き方、サテライトオフィス活用でのリモートワーク、フルリモートワークなど、企業の様々なインフラを活用し、多様な働き方の選択肢が増えたのではないだろうか。それでは、リモートワークを経験したオフィスワーカーはどのようなことを感じているのだろう?調査レポートでは、グローバル全体でオフィス回帰を望むという回答が58%となっており、その理由として、「人との交流や同僚との付き合い」の社会的交流が多く挙げられた。この点は、ヒトが感じる本質的な要素であるからこそ、これからのオフィス戦略やオフィス需要で大事なポイントとなってくる。

ニューノーマル時代のオフィスに求められる要素を見る

コロナ禍で変化するオフィス需要

今後のオフィス戦略を考慮し、オフィス改善を考えている企業経営層も少なくない。企業の経営層を対象としたアンケート調査では、「with/afterコロナの働き方に伴い、自社オフィス面積は今後どのように変更すべきだと思うか?」という質問に対し「若干の縮小(80-90%程度)」(41.2%) 、「50-80%程度に削減」(18.4%)、「現状維持」(14%)など、既存オフィスの面積を変更しリノベーション実施もしくは現状維持という回答が76.4%となった一方で、「オフィスをなくす」との回答は1.6%と少数であることが判明した。この調査結果より、企業の経営層はオフィスありきの働き方を考えていること、また、既存のオフィススペースを最適化させたニューノーマルな働き方を策定していることが推測できる。

 

オフィスの将来的な需要を形成する要素とは?

オフィス需要は、柔軟性を重視したリモートワークとのバランスを取ったハイブリッドな働き方を実現できる要素が不可欠

「場」の価値を再定義するリモートワーク

リモートワークは従業員に柔軟な働き方という利益を生み出したが、前述した調査結果からも社会的交流を求めているという理由で、長期的にリモートワークのみという考え方は懐疑的である。リモートワークを経験したからこそオフィスという「場」の価値を再定義する従業員がいる中、近い未来のオフィス需要は、柔軟性を重視したリモートワークとのバランスを取ったハイブリッドな働き方を実現できる要素が不可欠となってくるであろう。

ニューノーマル時代に対応したオフィス再設計

新型コロナウイルスがきっかけでオフィス設計の重要要素が変化したことはいうまでもない。今回の出来事をきっかけに従業員の健康とウェルネスへの配慮はより一層強まり、オフィススペースの安全性を確保するための強化措置が講じられると考えられる。従来の島型レイアウトではなく、従業員同士の距離を十分に確保したソーシャルディスタンス対策、また、社会的交流を重視した空間づくりなど、ニューノーマル時代に適応したオフィス設計がこれからのオフィス需要を形成する必須要素となり、関心も高まっている。

これからのオフィス需要の多様化

理想のオフィス像もコロナ禍によって多様化している。従来は、都市中心部にオフィスを構えることが理想とされてきたが、地方への本社オフィス移転やサテライトオフィスの設置など「都市機能の分散化」というトレンドが加速し、郊外エリアや小都市での持続的な暮らしや働き方を理想とする考え方も生まれ、新しいオフィス需要の機会が生まれた。このような多様化の中でも、都市部でのオフィス需要は継続的であるが、急速なデジタル化によるオフィスビルのスマート化や都市テック(アーバンテック)、環境問題に配慮したサステナブルでインクルーシブな取り組み、そしてグローカリゼーションの考え方など、求められる要素は多様化すると考えられる。

オフィスという場はヒトに様々な影響を与え、働く上で欠かすことのできない事業インフラであるからこそ、企業は変化に対して迅速に適応していかなければならない。リモートワークとオフィス勤務というハイブリッドな働き方とバランスの要素を持ち合わせたオフィスへの最適化という課題が考えられる上で、これからのオフィス需要に注目したい。

オフィス需要に関する調査レポートをダウンロードする

お問い合わせ

何かお探しものやご興味のあるものがありましたら、お知らせ下さい。担当者より折り返しご連絡いたします。