解説

不動産の費用を節減する35のアイディア

既に成熟した費用節減機会を特定している場合も、まだ作業を開始したばかりの場合も、以下の35通りの戦略的・戦術的提案のリストが不動産管理費用の削減に役立つだろう。

2016年 10月 11日
People working in creative studio

これらのアイディアは、出発点として必要だったのかもしれない。

  1. チームが顧客関係の管理に専念できるよう、業務の順序やベンダーの管理等の戦術活動をアウトソースし、目標を自社の事業戦略に一致させ、将来的な混乱に備える。
  2. 持続性プログラムを設置する。省エネや廃棄物削減等の活動は、費用を節減するだけではなく、会社がサステナビリティの目標を達成することに役立つ。
  3. 不動産パフォーマンスを組織横断的な主要計測指標の定義と実行で率先し、自動化されたダッシュボードで定期的に検証する。
  4. らゆる新しい設備、スペース更新や主要な資本支出について、公的機関が経済的インセンティブを提供していないか確認する。
  5. 費用を削減し、付加価値を加えるため、あらゆるベンダーのために調達戦略と一致した指針を定める。
  6.   ソーシング戦略に沿ってコストを削減し、付加価値を高めるために、すべてのベンダーのためのガイドラインを策定する。
  7.  毎年不動産ポートフォリオを正式に検証し、新たなアイディアやコスト節減機会の特定と優先順位付けを行う。
  8.  施設を「コア」と「ノンコア」に指定し、それぞれについて不動産戦略や財務戦略を調整する。
  9. 既存ポートフォリオに含まれる十分に使用されていない、あるいは「暗室」扱いのスペースを排除するための分析を実施する。
  10. 物件ごとにエネルギー評価を実施して効率化の機会を探す。
  11. 効率的なプロセスを設計して会社があらゆる建物の売却やリースに関する迅速な意思決定できるようにする。
  12. 短期のリース延長を実行してスペース移転を延期する。
  13. 営業費用を競合他社とベンチマークしてベストインクラスを特定し、模倣する。
  14. 従業員によるコスト削減やワークプレイス改善のアイディアに対する報奨のインセンティブ・プログラムを開始する。
  15. コンピューターによるメンテナンスや自動化された作業順序管理システム等のファシリティ技術を活用する。
  16.  予測型メンテナンス技術を機材のメンテナンスに使用し、高価な修理を回避する。
  17. 清掃係やポーター等の既存スタッフをオフィスやデスクの移動に活用する。
  18.  研修や技術等、会社にとって価値あるサービスを提供できるベンダーを探し、雇用する。
  19.  マスタースケジュールや予算管理等、資本計画を監督する専門のプロジェクト・マネージャーを雇用する。
  20.  合併や買収、企業ブランドの変更や複数の小売店舗開設等の具体的業務について、専担プロジェクト・チームを設置する。
  21.  キャッシュフロー監視や未計画のプロジェクトの優先順位付けといった年次資本計画の管理の具体的担当者をチーム内で特定する。
  22. 改装や内装のコストを削減するため、ベンチマークや競争入札を使用する。
  23.  既存の照明システムのエネルギー使用量を検証し、エネルギーコストを削減するため照明を交換する。
  24. 売却後、購入者からリースバック可能な所有建物を特定する。
  25. 直近の統合や合併で使用されていない不動産を売却する。
  26.  市況や土地所有者の変化によりリース条件を有利に変更可能な機会を模索する。
  27. コスト削減行動を再強調するため、スペースについて社内事業部門を追跡し、費用を課すシステムを導入する。
  28.  異なるオフィスやスペースの構成の種類を減少させる。
  29. コワーキングやホットデスク等、稼働率を改善させる非伝統的なスペースを創造する。
  30. 高度に機動的な従業員の専用スペースを削減、または排除する。
  31. ポートフォリオに新たなスペースを加える前に、既存の空きスペースを使用することを確保する。
  32. 使用されていないあらゆるオフィス(幹部オフィスを含む)がチームルームや会議室として使用できるよう「クリーンデスク」方針を導入する。
  33.  重複する役員室や会議エリアを排除する。
  34.  リースからサブリースに転嫁される費用をしっかりと監視する。
  35. 従業員や顧客のエクスペリエンスに影響しない、徹底的なオフィス清掃を週5回から3回に減らすといったサービスレベルの適正化の機会を探す。
  36. コスト削減と回避コストの両方を追跡するダッシュボードを自動化し、手作業の報告を最小化してチームのモチベーションを高め、会社が賢明に投資の優先順位付けを行うことを促す。

これらのアイディアはスタート地点として役に立ちましたか?

Want more? Talk to the team

お問い合わせ