事例紹介

ノルベサ - 建物管理の事例

築浅のランドマーク商業施設が空室率悪化インバウンドニーズに対応した施策で賑わいを取り戻す

立地条件

Sapporo, Japan

価値

Support for selling commercial facilities

北海道札幌市の中心部にある「ノルベサ」。屋上に観覧車があり、すすきのエリアのランドマーク的な複合商業施設だ。札幌市に存在する商業施設の中でも認知度が高い物件でありながらテナントの構成が市況に合わず、新規開業から5年目で空室率が高まっていた。そこで施設の再建に向けて、JLLにバリューアップとその後の運営管理を依頼され、築年が浅い商業施設の再生に取り組むことになる。

再生に向けて当時急増していた訪日外国人観光客に着目。インバウンドニーズを取り込み、施設全体の集客力向上を目指すことになる。インバウンド専用飲食店など、海外観光客をターゲットにしたテナント誘致を推進した。さらに、アニメ・ゲーム関連の流通店、コスプレショップなども誘致し、ポップカルチャーの発信地として位置づけた。地方都市の商業施設としては異色のコンセプトが奏功。JLLが進めたテナントミックスにより、施設の賑わいが蘇り、観光客を吸引する観光スポットとして再生した。テナントの稼働率が上昇した状況で、施設所有者の意向で物件の売却を支援した。

Want more? お問い合わせ