不動産鑑定評価

時代のニーズに応える、不動産鑑定に留まらない総合バリュエーションサービス。

不動産鑑定業として40年超築き上げてきた信頼及び実績と、JLLのグローバルネットワーク力を組み合わせて、多様化・高度化するニーズにお応えできる先進的な鑑定サービスを提供します。

JLLの強み

JLLは、日々変化する不動産市場において正確性・信頼性の高い情報を提供し、クライアントが資産価値や投資リスクを判断するため、リアルタイムデータと最先端のテクノロジー、そして世界に約2,000名在籍する不動産鑑定評価のエキスパートの豊富な経験・インテリジェンスを組み合わせ、迅速で正確な融資や不動産投資の判断を行うための意思決定をサポートしてきました。

日本においては、主要不動産鑑定機関として長年積み重ねてきた実績と信頼性、従来型アセットのみならず、ソーラー発電などのオペレーショナルアセット、データセンターや学生寮といったオルタナティブアセットの評価にも対応。動産評価など、不動産評価にとどまらず、JLLのグローバルネットワークによる海外の先進的なノウハウなどを活用しながら「総合バリュエーションカンパニー」として日々変化する社会のニーズに幅広く対応することが可能です。
 

不動産鑑定評価のグローバルリーダー

* JLLの全世界での数字となります

150万件 
2021年 鑑定件数

2000人 
不動産鑑定評価のエキスパート数

350兆円 
2021年 鑑定評価額

日本国内の鑑定評価サービスは「JLL森井鑑定株式会社」へ

日本国内の不動産鑑定評価サービスは、JLL森井鑑定株式会社にて提供いたします。JLL森井鑑定は、1948年創業し、信頼と先見性に加え、JLLグループが持つ海外における先進的なノウハウを活用できる「総合バリュエーションカンパニー」です。

Valuation industry leading service graph
1 / 1

業界最高水準のサービス

「不動産鑑定」「不動産以外の評価」「アドバイザリー」「リサーチ・情報発信」の4つのサービスを軸に、業界最高水準のサービスを提供します。