リサーチ

サステナビリティ強化へ 進化するホテルビジネスと投資を知る

2022年 07月 28日

コロナ禍で環境・社会・企業統治(ESG)の価値観を重視する意識が消費者の間でも高まる中、観光・ホスピタリティ業界では、持続可能な環境対策が最大の関心事になっています。世界の温室効果ガス排出量の1%はホテル業界から排出されているといわれ、不動産セクターの中でもエネルギーや水の消費量が突出しています。また、アジア太平洋地域のホテルは、ヨーロッパや北米・中南米のホテルに比べて、地域特有の気候に起因し空調負荷が高く、稼働客室当たりの排出量が多く、フルサービスホテル(宿泊以外の複数の部門を持つ多機能型ホテル)やリゾートホテルは、リミテッドサービスホテル(宿泊特化型ホテル)に比べて、より多くの温室効果ガスを排出しています。

本レポートでは、アジア太平洋地域のホテル業界におけるサステナビリティの現状を分析しています。

レポートをダウンロードするにはフォームにご記入ください。

プライバシー通知
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)並びにその子会社・関連会社は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは責任をもって自社で取り扱う個人情報を保護します。個人情報は、お問い合わせの対応、当社サービスやイベント等のご案内を行う目的で収集されます。JLLが収集した個人情報は適切なセキュリティ対策で保護するよう努め、正当な事業上または法律上の理由によって必要とされる限り保管します。その後は、安全に確実に情報を削除します。JLLによる個人情報処理方法の詳細については、プライバシーステートメントをご覧ください

There was an error submitting the form. Please try again.