リサーチ

未来への道のり - アジア太平洋地域のロジスティクスセクター -

コロナ禍のアジア太平洋地域の不動産投資市場において抜群の存在感を見せる物流不動産。東京を含めたアジア太平洋地域の物流不動産市場の現状と将来性を分析しました。

2020年 10月 26日

新型コロナウイルス感染拡大が続く中、アジア太平洋地域の物流不動産市場は世界的な投資家を惹きつけている。食料品小売業や医療サービス業の短期的な需要増、Eコマース・3PLの台頭、そして機械化とテクノロジー導入による先進大型物流施設への借り換え需要増など、物流不動産市場には強烈な追い風が吹いている。

アジア太平洋地域における物流不動産の最新レポートでは、社会的な構造変化に伴う物流不動産市場の将来性、東京を含めた地域内主要都市の物流不動産市場に関する概要について膨大なデータをもとに詳細な分析を行った。

レポートをダウンロードするにはフォームにご記入ください。

プライバシー通知
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)並びにその子会社・関連会社は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは責任をもって自社で取り扱う個人情報を保護します。
原則として、個人情報はお問い合わせに応える目的で収集されます。
JLLが収集した個人情報は適切なセキュリティ対策で保護するよう努め、正当な事業上または法律上の理由によって必要とされる限り保管します。その後は、安全に確実に情報を削除します。JLLによる個人情報処理方法の詳細については、プライバシーステートメントをご覧ください。

There was an error submitting the form. Please try again.