2019年1月末時点の東京Aグレードオフィス空室率・賃料を発表

空室率0.9%、2カ月ぶりに1%を下回る

2月 12, 2019

東京2019年2月12日–総合不動産サービス大手JLL(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 河西利信)は、2019年1月末時点の東京Aグレードオフィスの空室率及び賃料を発表しました。

東京Aグレードオフィス
空室率
空室率は0.9%、前月比0.1ポイント低下、前年比1.6ポイント低下となった。2カ月ぶりに1%を下回る水準へと低下し、中心業務地区全体で一層の低下がみられた。

賃料
月額坪あたり38,348円(共益費込)、前月比0.4%上昇、前年比4.3%上昇となり、7カ月連続で上昇した。丸の内・大手町を含むサブマーケットが上昇を牽引した。

東京Aグレードオフィスは月次、Bグレードオフィスは四半期ごとに発表予定です。

 

JLL オフィス定義



お問い合わせ