Better 
together

共有する:

世界中の投資家に朗報

JLLは世界で最も戦略的・創造的、関係性の深い投資アドバイスを提供し続けることを目指しています。このアンビション達成に向けて、米国とロンドンを拠点とする世界屈指のキャピタルマーケット・アドバイザーであるHFFの買収完了を皆様にご報告できることを喜ばしく思います。
JLLがヨーロッパ、中東、アフリカにて構築した不動産市場を牽引する投資プラットフォームを基盤にした、JLLとHFF両社が協働することで優れた人材、市場に対する深い洞察、そして最新テクノロジーが有機的に結びつき、お客様に対してより多くの投資機会や、これまで以上に優れた成果をご提供できると信じています。
JLLとHFFによる新チームでは、米国ならびに英国において1,100名以上のプロフェッショナルにアクセスすることが可能になりました。市場が成熟し、お客様の投資戦略において更なる成長と投資対象の多様化を進める中、最高のテクノロジーと圧倒的なデータ分析能力に支えられた世界各地3,700名のチームが、お客様が望むあらゆるサービスを提供し、競合との差別化を実現、市場を牽引することをお約束します。
1営業日/12億ドルの取引執行*
合計年間取引高は2,800億ドル
米国の資金調達源や不動産投資機会へアクセスできる多様な手法を提供
不動産投資市場に対する深い洞察力と調査力を提供

*2019年7月1日のJLLによるHFF買収以前のジョーンズ ラング ラサールアメリカ大陸及び関連会社(「JLL」)とHolliday Fenoglio Fowler LP及び関連会社の2018年度末の取引高。

JLLグローバルCEO クリスチャン・ウルブリックの発表を聞く

2019年3月19日付けのJLLによるHFF買収計画発表。

JLLのグローバルCEO クリスチャン・ウルブリックが、HFFと JLLの連携よって、JLLの「Beyond」のビジョンに沿ったかたちで、いかに顧客と従業員、株主に幅広く確実な利益を提供していくのかを説明しています。

© 2019 Jones Lang LaSalle IP, Inc. 

免責事項 免責事項 上記内容を読んで同意します。 サイトに進む

本文書は、1995年米国民事訴訟改革法にて定義される用語としての将来の見通しに関する事項に該当する、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッド(以下「JLL」といいます)およびHFFインコーポレイテッド(以下「HFF」といいます)の将来に対する意図、意見、期待または予測に関する特定の記述を含んでいます。例えば、提案された取引にて期待される効果に関する記述、相乗効果に関する期待、提案された取引にて期待される株主の利益、提案された取引のクロージング時期の予想、提案された取引のクロージングに伴う合併後の会社の経営幹部に関する計画などがあります。「確信する」、「期待する」、「予想する」、「見込む」、「意図する」、「計画する」、「求める」、「予測する」などもしくは類似の言葉、または、「will(つもりである)」、「should(はずである)」、「would(であろう)」、「could(可能性がある)」、「may (場合がある)」など未来もしくは条件を表す動詞もしくは当該の言葉の変形および類似の表現は、歴史的事実または将来の実績の保証や確信ではない将来の見通しに関する事項を特定することを意図しています。但し、これらの言葉または類似の表現がないからといって、将来の見通しに関する事項ではないとは限りません。

実際の結果は、将来の見通しに関する事項にて予想または予測された結果と大きく異なる可能性があります。実際の結果に大きな違いをもたらす要因には、以下のリスク、不確実性または想定が含まれます(但し、それらには限定されません)。要求もしくは期待された条件に関するHFFの株主や規制当局の承認の受領など(但し、それには限定されません)提案された取引の完了以前の条件の充足性;(もしそれがある場合に)予想される期間内に提案された取引によって期待される相乗効果や効率性、コスト削減を実現できない原因となる困難など(但し、それには限定されません)提案された取引に関する予期せぬ困難もしくは費用;提案された取引が発表され未決であることの結果として、JLLとHFFの従業員を維持する能力に困難が生じる可能性;投資適格信用格付を取得および維持し、想定される条件とスケジュールに関する資金を調達するJLLの能力;提案された取引において発行される予定のJLLの株式の価値に関するリスク;提案された取引が発表され未決であることによって生じる、JLLとHFFの現在の計画、運営およびクライアントとの関係における崩壊;提案された取引の発表後にJLLとHFFに対して取られる可能性のある法的手続き;ならびに2019年2月26日に米証券取引委員会(以下「SEC」といいます)に提出されたJLLの2018年12月31日期会計年度事業報告書(フォーム 10-K)、2019年2月28日にSECに提出されたHFFの2018年12月31日期会計年度事業報告書、ならびにJLLおよびHFFが適宜にSECに提出したその他の書類に記載されるその他の要因です。当該のSECへの提出書類には、政治・経済・市場状況と地政学的事象の影響;多くの異なる国々で事業を展開することに伴う物流その他に関する課題;現在と将来の競合企業による行動や取り組み; 不動産価格、金利、為替相場やその他の市場指数の水準と変動;係争中の訴訟の結果; ならびに現行、保留中、および将来における法律と規制の影響(但し、それらには限定されません)を要因として記載されています。

新しい情報、将来の事象またはその他のいずれの結果であれ、法律によって別途要求される場合を除き、JLLまたはHFFのいずれも将来の見通しに関する事項を更新する義務を負わず、両社はその義務を明示的に否認します。本文書は、ここに記載した日付時点の情報であり、将来の見通しに関する事項に、過度に信頼しないようにお願い致します。

取引に関する追加情報とその入手

本文書は、有価証券の売却の申し込み、購入の申し込みの勧誘、または投票もしくは承認の勧誘を意図するものではありません。本文書は特に、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッド(以下「当社」といいます)およびHFFインコーポレイテッド(以下「HFF」といいます)間の提案された合併取引に関して記載しています。当該合併取引は、検討のためにHFFの株主に提示されます。当該合併取引に関連して、両当事者は、HFFの株主に送付される予定の最終委任状勧誘書類/目論見書を含む関連書類を米証券取引委員会(以下「SEC」といいます)に提出する意向です。但し、現在のところ当該書類は入手できません。当社やHFFの投資家および有価証券保有者は、投票または投資の判断を行う前に適宜、当該合併取引に関する最終委任状勧誘書類/目論見書と、SEC に提出されたまたは提出される予定のその他の関連書類を、当該合併取引についての重要な情報が記載されているため、当該書類が入手可能になった時点で全体を注意深く目を通してくださるようお願い致します。投資家および有価証券保有者は、最終委任状勧誘書類/目論見書、その修正または補完、当社とHFFそれぞれについての重要な情報が記載されているその他書類のコピーを当該書類がSECに提出された時点で、SECが維持するウェブサイト(www.sec.gov.)から無償で入手可能です。当社がSECに提出した書類のコピーは、当社のウェブサイトの「インベスター・リレーションズ」セクション(www.ir.jll.com)から、または当社のインベスター・リレーションズ部門((312) 252-8943 もしくは (JLLInvestorRelations@JLL.com)に連絡することによって無償で入手可能になります。HFFがSECに提出した書類のコピーは、HFFのウェブサイト(www.hfflp.com)の「インベスター・リレーションズ」セクションから、またはHFFのインベスター・リレーションズ部門(713) 527-8725 もしくは(InvestorRelations@hfflp.com)に連絡することによって無償で入手可能になります。

勧誘への参加者

当社とHFF、両社の取締役と執行役員、両社の経営陣の特定のその他メンバー、両社従業員の特定のメンバーは、当該合併取引に関連する委任状勧誘への参加者と見なされることがあります。HFFの取締役と執行役員についての情報は、2018年4月28日にSECに提出されたHFFの2018年度年次株主総会の委任状勧誘書類と、2019年2月28日にSECに提出されたHFFの2018年12月31日期会計年度の事業報告書(フォーム 10-K)に記載されています。当該書類は上記の入手先から無償で入手可能です。当社の取締役と執行役員についての情報は、2018年4月19日にSECに提出された当社の2018年度年次株主総会の委任状勧誘書類と、2019年2月26日にSECに提出された当社の2018年12月31日期会計年度の事業報告書(フォーム 10-K)に記載されています。当該書類は上記の入手先から無償で入手可能です。委任状勧誘 への参加者に関するその他の情報と、有価証券保有やその他による直接的および間接的な参加者の利害の説明は、最終委任状勧誘書類/目論見書、入手次第SEC に提出する予定のその他の関連資料に記載されます。

申し込みまたは勧誘の禁止

本文書は、有価証券の売却の申し込み、もしくは購入の申し込みの勧誘を意図するものではありません。また、当該の申し込み、勧誘もしくは売買が、当該の管轄区域の証券法のもとで登録もしくは認定されるまでは違法となる管轄区域において、有価証券の売買は禁止されています。1933年証券法のセクション10(適宜に修正)の要件を満たす目論見書によらない限り、有価証券の提示は行われないものとします。