ジョナサン・ ジアナコス

JLLアメリカ大陸 キャピタルマーケット 社長

JLLアメリカ大陸 キャピタルマーケット事業部のエグゼクティブ・コミッティーのメンバーです。ニューヨークとボストンを往復しつつ、当社の米国、カナダ、ラテンアメリカにおけるキャピタルマーケットのプラットフォーム拡大、とりわけ投資アドバイザリーと株式売出し、債券発行の分野についての重責を担っています。

ジョンはJLLアメリカ大陸 キャピタルマーケットの社長です。ニューヨークを拠点に、米国、カナダ、ラテンアメリカ全域のキャピタルマーケットのプラットフォーム拡大を指揮し、投資セールスと金融分野における責任者でもあります。また、同社のオフィス・キャピタルマーケット事業も指揮しています。更に、他の上級経営陣と共にグローバルなJLLキャピタルマーケット事業全体の主要クライアントサービスに専念しています。JLLのキャピタルマーケット部門スタッフ3,700名を擁するグローバル・キャピタルマーケッツ事業を監督するエグゼクティブ・ボードのメンバーです。

米国不動産業界では30年を超える不動産金融・投資分野での活躍は広く知られています。クライアントサービスや買収、資産運用、資産処分、金融、投資銀行業務等、複数の分野で当社のグローバル戦略形成にエネルギー、情熱と経験を注いでいます。

米国とメキシコを通じて機関投資家、企業、個人や投資家の資本市場取引の組成と執行やアドバイザリー業務に助言してきました。また、家族経営企業にブランド拡張、資本調達、戦略的成長、後継者計画等の分野で買収、資本再編、リポジショニング戦略の執行を支援しました。

ジョンはCEO兼共同設立者であったCabot Street Capital PartnersからJLLに着任しました。それ以前には、グローバルな投資銀行であるフーリハン・ローキーの不動産投資部門共同ヘッドとして同社のブランド拡張に貢献しました。また、複数の業界有力企業で投資仲介や投資運用業務担当の上級職を務めました。

マサチューセッツ大学マニング・スクール・オブ・ビジネスで管理学修士号、バブソン・カレッジF・W・オーリン・スクール・オブ・ビジネスよりMBAを取得しています。アーバンランド研究所のグローバル理事兼グローバル取引評議会のメンバーでもあります。

余暇にはXを楽しんでいます。