グローバルサステナビリティプログラム

サステナビリティへの取り組みを先導することは、より良い世界のために不動産の未来を拓くというJLLのパーパスの基本です。

JLLのサステナビリティプログラム

株主へ長期的な価値の提供、持続可能な不動産を実現するための気候変動対策の推進、安全で健康に配慮された空間の創出、コミュニティ活性化と平等な機会を生み出すインクルーシブな場所の提供など、JLLは自身の能力を最大限発揮するためにサステナビリティへの取り組みを重視しています。

JLLのアプローチ

気候変動対策

持続可能な不動産の実現に向けて
JLLは炭素排出量実質ゼロへの移行に向けて動きだしています。サステナビリティへ対策の実績を積み重ね、より良い世界を実現するための気候変動緊急対策に取り組んでいます。

健康に配慮したスペース

すべてのステークホルダーに
生産性、ウェルビーイング、サステナビリティに寄与する、安全で健康に配慮したスペースを創出しています。

インクルーシブな場所

コミュニティ活性化に向けて
社会にポジティブな影響を与え、平等な機会を創出するインクルーシブな場所を提供しています。


こうした取り組みを支えているのが、JLLの高度なガバナンスや企業倫理に対するコミットメントです。JLLは、多様性と責任のある長期的な関係を育むために、誠実さをもって行動します。倫理的なビジネス慣行が、JLLの取り組みの方向性や行動を定義しています。

プログラムの実施方法

グローバルサステナビリティ戦略は、グローバルサステナビリティチームによって策定されました。同チームは、グローバルエグゼクティブボード、コーポレートESGボード、戦略遂行リード、リージョンおよび各国の事業部門などの、社内の広範な関係者と連携しています。サステナビリティに対する最終的な責任者は、JLLグローバル 社長兼最高経営責任者であるクリスチャン・ウルブリックです。
JLLのガバナンス構造は、グローバルビジネスと連動しています。つまり、事業部門およびコーポレート部門を通じて取り組むことに重点を置き、各国でその取り組みを補完しています。このアプローチは目標達成に向けて効率的な活動を推進するだけでなく、企業運営においてもサステナビリティへの取り組みを十分に行うことができるように支援します。

詳しい情報はこちらから

JLLのサステナビリティ戦略の詳細をご案内します。

サステナビリティの課題はJLLにご相談ください。

不動産投資の成功を目指すクライアントのために、JLLはサステナビリティへの取り組みを通じて、収益のみならず、環境的・社会的なリターンを享受できる魅力的な投資機会を提供します。