Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

Tokyo

JLL、7 年連続でアジア太平洋地域のトップ投資アドバイザーに選出

RCAが2017年商業用不動産投資の調査結果を発表


(2018年3月14日にシンガポールから発表されたリリースの翻訳版です)

東京 2018年3月22日

総合不動産サービス大手のJLL(本社: 米国シカゴ、CEO: クリスチャン・ウルブリック、NYSE: JLL、以下: JLL)は、 商業用不動産投資市場専門の調査会社リアル・キャピタル・アナリスティクス(RCA)による2017年世界における商業用不動産投資調査において、アジア太平洋地域のトップ投資アドバイザーに7年連続で選出されました。

RCAの調査によると、2017年にアジア太平洋地域市場においてJLLがアドバイスをした投資額は268億米ドルで、同地域全体の29.8%を占めます。また、JLLは、調査対象となっている7セクターのうち、オフィス、リテール、レジデンシャル、開発用地、ホテルの5つについてトップアドバイザーに選出されています。

JLLアジアパシフィック キャピタルマーケット部門を統括するスチュアート・クロウは次のように述べています。
「7 年連続でトップ投資アドバイザーに選出されたことを大変うれしく思います。特に、オフィスセクターでトップ投資アドバイザーに選出されたことは、アジア太平洋地域の全チームによる素晴らしい成果を示しています。JLLに信頼を寄せてくれるお客様に感謝するとともに、今後もお客様の目標達成に向けてサービスを提供して参ります。
2017年アジア太平洋地域では複数の大型売買案件がみられました。これは同地域に対する高い関心を示しており、今後グローバル投資家からの需要も増加するでしょう。2018年も大型案件に携われる機会を楽しみにしています」

JLLホテルズ&ホスピタリティ アジア CEO マイク・バチェラーは次のように述べています。
「ホテルセクターにおいても、トップ投資アドバイザーに今年も選出されたことは喜ばしいことです。これは、お客様に対して価値あるサービスを提供している証です。
アジア太平洋地域のホテル市場は引き続き拡大しています。2018年もトップ投資アドバイザーとなれるようサービスを提供して参ります」

RCA調査の詳細は、下記からご覧ください。

JLLについて
JLL(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。フォーチュン500に選出されているJLLは、不動産オーナー、テナント、投資家の皆さまのアンビション実現を支援します。2017年度は、総売上高79億米ドル、年間の手数料収入は67億米ドルに上ります。また、約4億2,300万㎡(約1億2,800万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、1,700億米ドルの取引を完了しました。2017年末現在、世界80ヵ国、従業員約82,000名以上、300超拠点で展開しています。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネジメントは、2017年12月31日時点で総額581億米ドルの資産を運用しています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッドの企業呼称及び登録商標です。www.jll.com 

JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ国、96事業所で37,000名超のスタッフを擁しています。JLLは、2016年インターナショナル・プロパティ・アワードにて、グローバル、アジア太平洋地域における「最優秀不動産コンサルタント賞」を受賞しました。また、リアル・キャピタル・アナリスティックスより、6年連続でアジア太平洋地域のトップ投資アドバイザーに選出されています。www.ap.jll.com​ ​