Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

Tokyo

JLL、メドラインの新物流センター設立プロジェクトを受託、土地取得、開発、竣工までを全面的にサポート


​2016年12月12日 東京

総合不動産サービス大手のJLL(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 河西利信)は、メドライン・ロジスティクス・ジャパン合同会社(本社: 東京都文京区、代表執行役員社長:  木口純一、以下MDL)が新設した愛西物流センター(愛知県愛西市)の新築工事プロジェクト業務を受託し、完了いたしました。

MDLは、米国最大規模の医療用品メーカーです。日本国内での急速なビジネス拡大に対応するため、新たな物流センターの立ち上げが早急に必要となっていました。JLLは、2015年2月にMDLより新物流センターの新築工事プロジェクト業務を受託し、MDLのニーズである短期間での物流センター立ち上げ、倉庫とオフィス業務の効率化、コスト削減を実現するため、計画初期段階から参画し、場所の選定、土地の購入、施設の設計、建設工事、施工管理、設備の導入、入居までを全面的にサポートいたしました。プロジェクトを期日内に遂行するため、常駐管理スタッフを配置し、工事工程の管理、複数の施工業者や工事関係者との調整、安全管理、施工の品質管理などを円滑に行い、2016年7月の愛西物流センターの竣工を迎えることができました。

愛西物流センターは、敷地面積2万8千㎡、延床面積4万8千㎡の5階建てで、名古屋港から約1時間、最寄り高速道路インターからも5分圏内でアクセスできる好立地に所在します。

当業務を担当したJLLプロジェクト・開発マネジメント事業部長 宮本 淳は、次のように述べています。
「今回MDL様の愛西物流センターの立ち上げに初期からプロジェクト完了まで携わることができ、大変光栄です。JLLは、お客様のご要望を最大限に実現するため、お客様の立場にたったプロジェクト、開発コンサルティングを提供しています。今回も、経験豊富なスタッフを現場に常駐させ、きめ細やかな運営管理を行った結果、遅延することなくプロジェクトを完了することができました。今後も、JLLが有する開発コンサルティングの豊富な実績を活かし、お客様のビジネス戦略に沿った開発コンサルティングを提供し、プロジェクトの具現化を支援して参ります」

メドライン・ロジスティクス・ジャパン合同会社 代表執行役員社長 木口純一様より、次のコメントをいただいています。
「JLLのメンバーは単なるコンサルタントではなく、メドラインの利益をいつも考える立ち位置で、その専門知識と経験を大いに生かして建物の質を下げずに大幅なコスト削減を実現してくれました。メンバーの高い専門性と実務経験が原動力となり最高のチームにより物流センターが完成したと考えています」  


JLLについて
JLL(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。フォーチュン500に選出されているJLLは、世界80ヵ国、従業員約60,000名、280超拠点で展開しており、総売上高は60億米ドル、年間の手数料収入は約52億米ドルに上ります(2015年12月31日時点)。2015年度は、プロパティマネジメント及び企業向けファシリティマネジメントにおいて、約3億7,200万㎡(約1億1,200万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、1,380億米ドルの取引を完了しました。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネジメントは、総額597億米ドルの資産を運用しています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッドの企業呼称及び登録商標です。www.jll.com

JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ国、94事業所で36,000名超のスタッフを擁しています。JLLは、2016年インターナショナル・プロパティ・アワード・アジア・パシフィックにて、合計15の賞を受賞しまし、リアル・キャピタル・アナリスティックスより、アジア太平洋地域のトップ投資アドバイザーに選出されています。www.ap.jll.com