リサーチ

発展を目指すハイフォンのビジョン | JLLリサーチ

2019年 10月 04日

南シナ海に沿った沿岸道路全長3.200kmと便利 な位置を有しているベトナムは世界の海上物流ルートにアプローチができ、国際貿易関係 の促進に貢献します。殆どの船便で送った品物はベトナムの北部と 南部のロジスティクス中心を経由します。カット・ライ港、ヒエップ・フオク港やカイ・メップ国際大水深港等の発展歴史が長い港湾 システムを有する南部は取扱貨物量が50%を占めており、北部のハイフォン港湾システムは 取扱貨物量が30%を超えています。この10年間、ベトナム北部へのFDI案件が急増すると共 に、港湾都市ハイフォンは生産拠点と大規模なロジスティクスセンターになりつつあり、著しい成長の促進に貢献します。ベトナム工業団地の背景において、JLLは世界 の産業中心、ベトナム北部経済発展の原動力になるハイフォンの潜在能力を分析する「ハ イフォン – 発展のビジョン」をテーマにした報告書を発表しました。 

レポートをダウンロードするにはフォームにご記入ください。

プライバシー通知
ジョーンズ ラング ラサール(JLL)並びにその子会社・関連会社は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは責任をもって自社で取り扱う個人情報を保護します。
原則として、個人情報はお問い合わせに応える目的で収集されます。
JLLが収集した個人情報は適切なセキュリティ対策で保護するよう努め、正当な事業上または法律上の理由によって必要とされる限り保管します。その後は、安全に確実に情報を削除します。JLLによる個人情報処理方法の詳細については、プライバシーステートメントをご覧ください。

There was an error submitting the form. Please try again.