不動産戦略のニューノーマルを考える

テナントも投資家も、様変わりする状況に合わせて戦略を見直す必要があります。オフィスも、ニューノーマルに合わせて従業員や企業が力強い成長を続けられる場に生まれ変わらなければなりません。

特集コンテンツ

 
新たな成長市場:データセンターの台頭

アジア太平洋地域におけるデータセンターの市場規模は2021年に1,630億米ドルに達するとされ、2017年から30%近くの成長が予測されています。本レポートでは、データセンター市場の投資機会とその課題を理解するために日本をはじめとする成熟市場・新興市場の現状と今後の見通しについて分析しました。

アジア太平洋地域の賃貸集合住宅/ビルド・トゥ・レント不動産を再考する

コロナ禍において、アジア太平洋地域の不動産投資市場で「賃貸集合住宅」が注目されています。米国に次ぐ世界2位の市場規模を誇る日本は、地域内市場の多くで投資額が急減する中、2020年上半期の賃貸集合住宅セクターにおける投資額が前年同期比で3倍近くまで拡大しました。

経営層に聞く「ニューノーマルな働き方に向けた選択とは!?」

コロナ禍によって新たなオフィス戦略を模索する企業が急増している。本レポートでは、従業員数1,000人以上の国内企業を中心とした経営層を対象にアンケート調査を実施。経営層が考える「コロナ禍に適応したオフィス環境」について紐解いた。

未来への道のり: アジア太平洋地域のロジスティクスセクター

コロナは、アジア太平洋地域の不動産投資、需要、賃料、およびキャピタルバリューに影響を与えた。しかし、好調なセクターが1つある。それはロジスティクスだ。

JLLにご相談ください

ポートフォリオの柔軟性とレジリエンスの強化に始まり、ワークプレイスの見直しや社員のコミュニティづくりに至るまで、確かな成果をお届けします。

不動産&ホテル投資フォーラム2020 録画視聴版

コロナ禍から脱却した「New Normal」の未来に向けての不動産戦略を読み解く

JLLにご相談ください

原点に戻って考え直すこと。それは個人にとっても企業にとっても重要な意味があります。ニューノーマルの時代にお客様が確かな成長を遂げるために、当社がサポートします。