田中 美和子

マーケッツ事業部 オフィスリーシング (シニアマネージャー)

JLLでのキャリアプロフィール

大学卒業後一貫して商業不動産業に携わっており、前職は日系のデベロッパーで主に商業施設の開発・運営業務に従事していましたが、2018年12月にご縁がありJLLに入社しました。Marketsのオフィスリーシング部門にてリテールリーシングのスタートアップメンバーを募集しているというお話を頂き、新しい環境で更に自己成長を目指したいという思いから転職を決意しました。現在は、銀座・表参道をはじめとしたリテールプレミアムエリアの路面を中心に事業用不動産の賃貸取引サービス・アドバイザリー業務に携わっています。具体的には、お客様に対しマーケット分析、物件提案及び契約に向けての交渉や資料作成などを行っています。

 

Q1: 所属部門のビジネスやチーム、部門の特徴などについて教えてください。

所属がオフィスリーシング傘下であるため、店舗出店のみならずオフィス増床や移転も含め、メンバーと協業する機会も多いです。入社前は、外資=個人主義というイメージが強かったのですが、チームメンバー間で情報をシェアし意見を出し合える非常に風通しの良いオープンな雰囲気なのが特徴です。特に今般のコロナ禍により、既存の働き方やリアル店舗の立ち位置が一変した今、アフターコロナのビジネスモデルについて、チームメンバーで意見を出し合いながら、新しい取り組みに日々チャレンジしています。

 

Q2: 所属の部門やチームについて、同業他社と比べて優れていると考えられる点は何ですか?

しがらみや既成概念に捉われず誰しもがチャレンジできる環境と、個人の裁量で働ける働きやすさが何より魅力です。 その分自己責任と自己コントロール能力が伴いますが、自己能力を最大発揮でき自分のキャリア形成を自分で考えて実現できるチャンスがあります。同時に部署内は勿論、部署間、地域間の協業が多く、チームとしてプロジェクトを成功させていこうという気概があります。色々なバックグラウンドやキャリアを持って入社したメンバーが多いので、新しい発見や更なる成果が見込めると感じています。

 

Q3: 担当されている業務に求められるスキルやマインドセットは何だと思われますか?

少子高齢化、IOT、AI等による技術革新、そして今般のコロナウィルスにより、世界は大きな変革の時を迎えています。いち早く市場動向を察知し次のアクションに繋げることができる情報収集能力とフットワークの高さが求められます。また何より最終的にはお客様あってのビジネスであり、お客様といかに良い関係性を築き長く取引を継続できるか、コミュニケーション能力も非常に大切です。

 

Q4: JLLの魅力や働く環境について、アピールできる点は何ですか?
  • フラットでオープンな企業風土とチームワーク
    今までのバックグラウンド、年齢、性別に関係なく、誰しもがチャレンジ出来る企業風土が魅力です。そして、そのチャレンジをサポート、応援してくれる仲間がいます。

  • クロスボーダー取引
    世界80か国300拠点以上あるグローバルネットワークもJLLの魅力です。例えば他国のチームメンバーから日本出店を検討中のクライアントを紹介され一緒にプロジェクトを進行するケースも度々あり、グローバルな経験値が広げられるチャンスもあります。

 

Q5: 応募される皆様へメッセージをお願いします。

大きな変革期を迎えたいま、既存のビジネスモデル、常識にしがみついていては生き残っていけません。1人1人の新しいイノベーティブな発想と行動力が何よりも求められています。JLLには、それを叶える環境が揃っています。是非一緒にチャレンジしたい!という方をお待ちしています!