険しい道のりを乗り越えられるか?
 
シディ

22歳/インド

国民的英雄

25個の全国大会トロフィー保持者であり、世界ユース選手権の5位入賞者。そしてエキスパートレベル8a ルートのフリークライミングをインドで初めて達成した女性クライマーであるシディ・マネリカーは、インドでトップクラスの女性クライマーと評価されています。インド国内で若い女性のロールモデルとなっている彼女のアンビションは世界の舞台に挑戦することです。

深い情熱

体育教師が「木登りが好きな人は誰?」と尋ねたとき、真っ先に手を上げたのはシディでした。学校に作られた新しいクライミングウォールを試してみるよう勧められ、彼女はすぐに夢中になりました。いつの間にか毎日何時間も練習するようになり、彼女のスキルに注目が集まります。地元のコーチと共に専門的なトレーニングを開始し、それ以来著しい成長を遂げています。

最大の課題

シディは、ムンバイの中心市街地に往復3時間かけて出掛け、クライミングとフィジカルトレーニングを1日おきに行うという過密なトレーニングスケジュールをこなしています。ムンバイ全域でわずか2つしかクライミングウォールがないため、近郊都市のプネにもしばしば足を伸ばし、スピードクライミング施設を利用しています。
練習環境というハンデがあるにもかかわらず、シディは次のオリンピックで母国の代表選手の座をかけて競い合うことを楽しみにしています。そして自ら成功することでインドの次世代の女性クライマーを元気づけたいと考えています。

知っていましたか?

ムンバイ、デリー、バンガロールを脇に追いやって、プネやジャイプールといった比較的小さなインドの都市が機会の中心として頭角を現し、企業、ディベロッパーおよび投資家の目を惹きつけています。

6名の選ばれしアスリート達が、
5つの都市で、1つのアンビションに挑む