Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Research

レポート

東京ロジスティックス マーケットサマリー 2018年第1四半期


空室率内陸エリア8.3%もベイエリア0.0%

第1四半期の東京圏の新規供給は525,000㎡となり、ストックは前期比6%、前年比16%増加した。供給物件は全て内陸エリアに所在。これを受けて、第1四半期末時点の東京圏の空室率は5.3%となり、前期比 . . .

価格5四半期ぶり下落賃料の小幅下落を反映

第1四半末時点の東京圏の価格は前期比0.4%の下落、前年比6.4%の上昇となった。投資利回りは横ばいで推移も賃料が小幅下落し、価格は5四半期ぶりに下落した。投資市場は活発化しており、J-REITや私募ファンド等による . . .

見通し

賃貸市場では、今後も需要は堅調に推移するとみられる一方、供給予定が大規模となっていることから、空室率は上昇し、賃料は一部エリアにおいて下押し圧力が加えられる見通しである。投資市場では、安定した . . .


ダウンロードをするために、必要事項をフォームに入力ください

pdf | 556248