Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Research

レポート

ジャパン キャピタル フロー 2017年第3四半期


価格上昇の鈍化が価格目線を近づけ取引を誘発

  • 日本の2017年第3四半期の投資額は、前年同期比14%減の7,660億円(米ドル建てでは16%減の69億ドル)、2017年1月から9月までの投資額は前年同期比6%増の2兆9,600億円(米ドル建てでは3%増の897億ドル)となった。四半期ごとの投資額では第1四半期及び第2四半期は大幅に増加したが . . .
  • 東京都心では売り物件が少ない状況が続いているが、東京湾岸エリアや横浜エリアでは2016年第4四半期以降に売却を選択するプレイヤーが現れ始めた。賃貸市場において都心周辺部や地方エリアへ . . .
  • 低金利の長期化により低下した運用利回りの向上とポートフォリオの多様化によるリスク分散を目的として、国内投資家が海外不動産へ投資するアウトバウンド投資が増加している。2017年は9月までで21億米ドルと2016年通年の . . .
  • 地域別投資額では東京都心以外でのオフィスの大型取引の成立や、物流施設の取引の拡大によって、東京都心部の投資額が減少し、他のエリア . . .
  • 日本の商業用不動産投資額は2015年、2016年と2年連続で減少していたが、2016年第4四半期から3四半期連続で前年同期比2ケタ成長となり、2017年第3四半期は . . .

ダウンロードをするために、必要事項をフォームに入力ください

pdf | 738808