Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Research

レポート

東京リテール マーケットサマリー 2017年第2四半期


​第2四半期のリテール指標の動きはまちまちとなった。5月までに、消費者態度指数と百貨店・スーパー販売額は一進一退の動きとなった一方で、百貨店における化粧品の販売額比率は4か月連続で10%以上の伸びをみせた。また、訪日外国人による旅行消費はプライムリ . . .


ダウンロードをするために、必要事項をフォームに入力ください

pdf | 1125791