Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

Tokyo

HSBCのグローバルでのファシリティマネジメントを一括受託


2013年1月31日 東京​
1月23日 ニューヨーク発表抄訳)

不動産総合サービスのジョーンズ ラング ラサール(本社イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者コリン・ダイアー、NYSE JLL)は、世界有数の銀行HSBCより、同社が全世界で所有する5,800万平方フィート(539万平方メートル、163万坪)に及ぶ不動産のファシリティマネジメント業務を一括受託したと発表しました。 

企業が非中核業務を外部委託(アウトソース)する動きは高まっており、サービスプロバイダー企業側は国内外を問わず一括管理できるサービスを提供、企業側もアウトソースによる生産性向上の効果を認めてきています。こうした環境下で、グローバルにサービスを展開するJLLはこのような不動産業務のアウトソーシングをリードしてきました。今回、HSBCが世界に点在する不動産管理をJLLに一括してアウトソースした狙いは、北米・中南米・アジア太平洋地域・ヨーロッパ・中東・アフリカに及ぶ11,000拠点の業務効率化・一括管理にあります。

JLL CEO のコリン・ダイアーは、「JLLと HSBC は、目に見える形での事業改善のドライバーとして不動産について収益性を高める革新的なソリューションを導入していきます。我々のグローバルチームは、世界中のHSBC各拠点の業務効率化を通じて、同社全体の不動産の生産性向上を図っていきます」と述べています。

JLLは1998年以来、HSBCの北米地域の不動産アドバイザリー業務を担当してきましたが、その後、責任地域を北米地域のみならず、中国・タイ・メキシコ・パナマへと広げ、管理面積は4,200万フィート(390万平方メートル、118万坪)に拡大しました。また不動産売買に関するパートナーとして、アジア太平洋地域・中南米・中東 ・北東アフリカ地域でもサービスを提供しています。 

今回のプログラム拡大にあたり、HSBCはJLLの最新のプラットフォームにより、世界中の不動産ポートフォリオの一括管理および比較分析が可能になります。 

JLL インテグレーテッド・ファシリティ・マネジメント事業部のマネージング・ダィレクターであるジョーディ・マーティンは、「企業が不動産施設に対し一貫性のある管理体制を求めるようになるにつれ、グローバルにサービスを展開する不動産管理会社に業務を一任する傾向が高まっています。今回HSBCから全世界の不動産管理を委託されたということは、弊社が一貫性のある管理を実現できることを示しており、当社がこれまで投資し続けてきた世界レベルのファシリティマネジメントのプラットフォームが認められたことも示しています」と述べています。

JLLグローバル・アカウント、マネージング・ダィレクターであるビル・サンメルは、「一般的に企業にとって不動産は、3番目に大きい費用項目ですから、当社の効率的な不動産運営によって、HSBC全体の生産性と業績にプラス効果をもたらすはずです。戦略的な不動産管理法と、HSBCの持続可能な目標達成へのサポート確約を組み合わせた当社のモデルの元で、HSBCは中核業務により専念できるようになります」と述べています。

また、JLL アメリカ コーポレート・ソリューション・ビジネス CEOの のトッド・リッカーマンは次のように付け加えました。「我々は、独自のサプライチェーンを活用し、HSBC が所有する北米の500拠点と中南米全域のさらなる4,000拠点の業績を改善していきます。また、この契約は、アメリカだけでなく世界中にあるHSBCの施設を総合的に管理するものになります」 

不動産業務のアウトソースビジネスをリードしてきたJLLのコーポレートソリューション部門は、各企業が自社で行ってきた不動産管理業務のアウトソーシングを請け負い、また企業不動産に関する様々なサービスを提供することで、グローバルレベルでのコスト削減と業務効率化を図って参ります。




ジョーンズ ラング ラサールについて
ジョーンズ ラング ラサール(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産に特化したプロフェッショナルサービス会社です。世界中に存在する専門家チームが、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、総合的なサービスを提供しています。2011年度のグループ売上高は約36 億ドルにのぼり、全世界70 ヵ国、1,000都市超の顧客に対し、200の事業所でサービスを提供しています。 当社はプロパティ・マネジメント・サービスならびに企業向けファシリティ・マネジメント・サービスのリーディングカンパニーとして、約1 億9,500万平方メートル(約5,900 万坪)の不動産を管理しています。 ジョーンズ ラング ラサール グループで不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネージメントは総額472億ドルの資産を運用しています。

ジョーンズ ラング ラサールのアジア・パシフィック地域での活動は50年超にわたり、現在14ヵ国、79 事業所で22,200名超のスタッフを擁しています。弊社は、2012年インターナショナル・プロパティ・アワード・アジア・パシフィック(スポンサー:HSBC)で「最優秀不動産コンサルタント賞(5つ星賞)」を9ヵ国・地域で受賞、 「Highly Commended(称賛に値する企業)賞」を3ヵ国・地域で受賞しました。