Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

日本のホテルマーケットレポート『ホテル インテリジェンス2009』を発刊

景気悪化の影響を受けホテルマーケットは低迷続く - ホテル売買マーケットの復活は融資マーケットの回復次第


[2009年5月22日東京発] 
 世界有数のホテル投資アドバイザーであるジョーンズ ラング ラサール ホテルズ東京オフィス(所在地 東京都千代田区、マネージング ディレクター 沢柳 知彦)は、日本におけるツーリズムマーケット、ホテルマーケット、並びにホテル投資マーケットに関する現状分析、そして今後の展望を包括的にまとめた年次の分析レポート、「ホテル インテリジェンス (“Hotel Intelligence”) 2009」を発表しました。本レポートは、同社が昨年まで作成・公表していた「ジャパン ・ダイジェスト(“Japan Digest”)」の後継レポートで、日本全体のマーケットに加え、東京、大阪、沖縄の各マーケットを取り上げています。
 
 日本のホテルマーケットは、昨今の景気悪化や円高傾向の影響を受け、国内・国外からのビジネス出張需要、観光需要が低迷していることから、ホテルの立地・グレードを問わず、全般的に稼動率や客室単価が前年の水準を下回るなど、苦戦が続いています。
 
 注目されるホテル投資マーケットについては、金融機関がホテル案件に対する融資に慎重な姿勢を見せていることから、2008年に続き2009年に入っても、ホテルの売買件数は低迷しており、融資マーケットが回復するまでの間は同様の状況が続くものと予想されます。一方で、サブプライム問題の影響が小さく、資金調達余力のある国内外のホテル事業会社の中には、現下の市場環境をホテル買収及び事業拡大のチャンスと見なしている会社もあり、今後は、これまでマーケットを牽引してきた投資ファンドに代わって、ホテル資産の買い手としての存在感を強めていくものと予想されます。
 
 ジョーンズ ラング ラサール ホテルズ東京オフィスのマネージング ディレクターである沢柳知彦は「現在、金融機関がホテル案件に慎重な姿勢を示していることから、ホテルの売買案件が減少し、ホテル資産の流動性が低くなっている状況にある。資金調達余力のある事業会社によるホテル買収が続き、ホテル資産の流動性が再度高まれば、金融機関の中にはホテル案件に対する融資姿勢を変更するところも出てくると思われる」としています。

 
なお、「ホテル インテリジェンス2009」は下記リンクよりダウンロードいただけます。