Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

ジョーンズ ラング ラサール 日本法人代表取締役に河西利信氏が就任


2012年1月26日 東京

ジョーンズ ラング ラサール株式会社(本社: 東京都千代田区永田町)では、本年4月1日付で、代表取締役として河西利信氏が就任することになりましたのでお知らせいたします。現、代表取締役の濱岡洋一郎は取締役会長に就任いたします。

河西氏は、大和証券を経て、1999年よりゴールドマン・サックスに11年間在籍。2004年、同社パートナーに就任。その間、アジア地域のゴールドマン・サックス・リアルティの立ち上げ、リアルエステート・プリンシパル・インベストメント・エリア(REPIA)の日本の責任者を務めるなど、日本の不動産投資ビジネスにおいて豊富な経験を有しています。

ジョーンズ ラング ラサール アジア・パシフィック地域CEOアラステア・ヒューズは、「濱岡氏は、12年にわたって日本のジョーンズ ラング ラサールを率い、大阪、札幌の支社立上げや4事業9部門で全国を網羅する営業体制を構築、三洋電機と共同でファシリティマネジメント会社を設立するなど、業務内容、社員数を飛躍的に拡大し、ジョーンズ ラング ラサールの成長に大きく貢献しました。彼のこれまでの献身とリーダーシップに感謝するとともに、今後の活躍に期待しています」、「河西氏は、日本の金融・不動産マーケットにおいて良く知られた方で評価も高く、濱岡氏の功績を引き継ぎビジネスをさらに前進させていくのにふさわしい方です。河西氏は、日本のジョーンズ ラング ラサールのさらなる成長に貢献してくれると確信しています」と、述べております。


ジョーンズ ラング ラサール株式会社について
ジョーンズ ラング ラサール株式会社は不動産に特化したプロフェッショナルサービス会社で、キャピタルマーケット、プロパティ/アセットマネジメント、プロジェクトマネジメント、CRE(企業不動産戦略)、ファシリティマネジメント、リサーチ&アドバイザリーなど多様なサービスを提供しています。現在では東京、関西、福岡、北海道の事務所で約560人のスタッフを擁しています。