Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

Tokyo

JLL、Japan REIT株式会社の第三者割当増資を一部引受け

日本における不動産テックの活用を推進


東京 2018年5月31日

総合不動産サービス大手のJLL(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 河西 利信)は、不動産ファンド向けシステム開発やREITポータルサイト運営を手掛けるJapan REIT 株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 門田 将之、以下 Japan REIT)が実施する第三者割当増資を一部引き受けました。日本における不動産テック(不動産テクノロジー)関連の投資は今回が初めてです。今後は、JLLの強みであるグローバルなネットワークおよび実績と、Japan REITが有する日本の不動産ファンドやREITに関する情報技術を融合し、更なるサービス強化を図って参ります。

JLL日本 代表取締役社長 河西 利信は次のように述べています。
「不動産テックは、不動産ビジネスのあり方を大きく変えつつあります。JLLはこのトレンドをリードする立場として、グローバル全体で積極的に不動産テックの開発・活用を推進しています。日本でも不動産テックを推進するうえでビッグデータやIoT、AIなどのテクノロジーの活用は重要であり、今回不動産ファンドやREITに関するテクノロジーを提供するJapan REITと戦略的パートナーになることは、日本におけるサービス向上およびビジネス拡大につながると確信しています。両社の知見から得られる相乗効果を最大限に活かし、日本における不動産テックの推進を図り、更なる不動産市場の活性化を目指します」

JLLチーフ インフォメーション オフィサー 吉田 薫は次のように述べています。
「Japan REITはREITやプライベートファンド向けプラットフォームにおけるマーケットリーダーです。これからJapan REITと連携し、日本の不動産ビジネスにおける不動産テックの開発を推進するとともに、日本のお客様に革新的なソリューション並びに価値あるサービスを提供して参ります」

【Japan REIT 株式会社】
企業名  Japan REIT株式会社
所在地  東京都港区西新橋一丁目7番2号 虎の門髙木ビル8階
電話番号  03-6205-8141(代表)
代表者  代表取締役社長 門田 将之
事業内容  
不動産金融業界に特化したシステム開発・Web構築
国内最大手REITポータルサイトであるJAPAN-REIT.COMの運営
REIT関連データベース事業
ウェブサイト  http://www.japan-reit.co.jp


JLLについて

JLL(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは不動産市場を再考し、皆様のアンビション実現を支援する価値ある不動産の機会やスペースを提供するとともに、お客様、人、コミュニティにとってよりよい明日を築くことを目指します。2018年3月31日現在、JLLは世界80ヵ国、従業員約83,500名、300超拠点で展開し、フォーチュン500に選出されています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッドの企業呼称及び登録商標です。