Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

Tokyo

JLL、「KIRARITO GINZA」の施設運営、管理業務を受託


2017年2月20日 東京

総合不動産サービス大手JLL(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長 河西利信 )は、「KIRARITO GINZA(キラリトギンザ)」(東京都中央区)における施設運営管理及びリニューアル業務を受託しました。

「キラリトギンザ」は、銀座一丁目エリアの中央通りに面し、約100㎡のオープンテラスや、都心でリゾートウェディングができる銀座エリア最大の屋上ガーデンなど、全51店舗を擁する銀座エリア最大級の商業施設です。JLLは、2017年2月1日より同商業施設における運営管理業務を開始しました。今後は、近隣施設との差別化を図るため、当施設の更なる魅力向上に向けた施設コンセプト強化に加え、年々増加する個人訪日客向けのサービス拡充などのリニューアルも予定しています。

本業務を担当する不動産運用サービス事業部 リテールグループ リテールグループヘッド ナショナルダイレクター 飯尾太一は次のように述べています。
「JLLは日本全国に180名を超す商業施設運営専門スタッフを擁し、商業施設のテナント誘致や、施設の運営管理、施設の再生、活性化を手掛けています。その専門的なコンサルティング、ノウハウを活かし、銀座中央通りの好立地にある『キラリトギンザ』の価値を最大限に高め、更なるバリューアップを実現して参ります」


JLLについて
JLL(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。フォーチュン500に選出されているJLLは、世界80ヵ国、従業員約77,000名、300超拠点で展開しています。2016年度は、総売上高は68億米ドル、年間の手数料収入は約58億米ドルに上りますプロパティマネジメント及び企業向けファシリティマネジメントにおいて、約4億900万㎡(約1億2,400万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、1,360億米ドルの取引を完了しました。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネジメントは、総額601億米ドルの資産を運用しています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッドの企業呼称及び登録商標です。www.jll.com

JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ国、94事業所で36,000名超のスタッフを擁しています。JLLは、2016年インターナショナル・プロパティ・アワードにて、グローバル、アジア・パシフィック地域における「最優秀不動産コンサルタント賞」を受賞しました。また、リアル・キャピタル・アナリスティックスより、アジア太平洋地域のトップ投資アドバイザーに選出されています。www.ap.jll.com