Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

Tokyo

JLL、アジア太平洋地域における最優秀ファシリティマネジメント賞を受賞 香港のブリティッシュ・インターナショナル・スクール・プロジェクト

国際ファシリティマネジメント協会アワード・オブ・エクセレンス


(2016年10月24日にシンガポールから発表されたリリースの翻訳版です。)

2016年11月2日 東京

総合不動産サービス大手のJLL(本社: 米国シカゴ、最高経営責任者(CEO)兼プレジデント: クリスチャン・ウルブリック、NYSE: JLL、以下: JLL)は、国際ファシリティマネジメント協会(IFMA)が主催するワールド・ワークプレイス・アジア・カンファレンス2016において、最優秀ファシリティマネジメント賞(Asia Pacific Best Managed Facility of the Year)を受賞しました。
今回の受賞は、香港九龍湾に所在するブリティッシュ・インターナショナル・スクールのケレット・スクール(Kellett School)に対しJLLが提供する効果的なファシリティマネジメントサービスが評価されました。
JLL中華圏(Greater China)ファシリティマネジメント部門のSamuel Maは次のように述べています。「JLLがケレット・スクールで提供しているファシリティマネジメントが業界で認められ、とてもうれしく思います。適切な施設管理をすれば、生徒や職員の勤務環境が大きく変わることを理解しているケレット・スクールに対して、JLLがファシリティマネジメントを提供でき、とても光栄です。ケレット・スクールを担当しているJLLの優秀なチームに感謝します」

2013年にケレット・スクールが設立されて以来、JLLは45万平方フィート(約41,806平方メートル)のファシリティマネジメントサービスを提供しています。環境対策及びサステナビリティを考慮し、設立から2年間で、エネルギーコストなどの業務におけるコスト削減を達成しました。

ケレット・スクールの財務、オペレーションを担当するディレクター Robert Irvineは次のように述べています。「IFMAアワードで、JLLのチームワークと素晴らしいサービスが評価され、うれしく思います。この3年の間、JLLはパートナーとして積極的にプロジェクトに関わり、自主性を持って進めてきた結果、日々の業務がスムーズになるだけではなく、多くの付加価値を生み出しました。ケレット・スクールにとって、JLLは単に依頼主と業者の関係ではなく、信頼できるパートナーです」

アジア太平洋地域では最大規模のJLLファシリティマネジメント部門は、世界16ヵ国、12,000名を超える従業員を擁し、金融機関、テクノロジー、教育、消費財などグローバル・地域ベースのお客様にサービスを提供し、3億9,000万平方フィート(約3,600万平方メートル)のファシリティマネジメント管理を受託しています。中華圏においては、7つの教育機関で、650万平方フィート(約60万平方メートル)を超えるファシリティマネジメント管理をしています。本アワードの他にも、JLLはフロスト&サリバン・エクセレンス・アワードで、アジア太平洋地域におけるファシリティマネジメント部門最優秀賞(Facilities Management Company of the Year)を受賞しています。
IFMAアワードについて

IFMAアワード・オブ・エクセレンスでは、優秀な業績を収めた企業メンバーやパートナーを表彰するアワードです。毎年ワールド・ワークプレイス・カンファレンスで授賞式が行われ、ファシリティマネジメントや協会に対し功績を残した企業を表彰しています。IFMAは1980年に設立され、104ヵ国で24,000名のファシリティマネジメント担当者を支援する世界最大規模のファシリティマネジメント協会です。


​​JLLについて
JLL(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。世界80ヵ国、従業員約60,000名、280超拠点で展開し、年間の手数料収入は約52億米ドル、総売上高は60億米ドルに上ります。2015度は、プロパティマネジメント及び企業向けファシリティマネジメントにおいて、約3億7,200万㎡(約1億1,200万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、1,380億米ドルの取引を完了しました。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネジメントは、総額591億米ドルの資産を運用しています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッドの企業呼称及び登録商標です。

JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ国、92事業所で34,000名超のスタッフを擁しています。JLLは、2016年インターナショナル・プロパティ・アワード・アジア・パシフィックにて、合計15の賞を受賞しました。2015年ユーロマネー・リアル・エステート・アワードでは、最優秀リアル・エステート・アバイザーに選出されました。