Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

「グローバル・アウトソーシング100」において不動産サービス企業として最高位に選出される


 2010年5月14日シンガポール発 ジョーンズ ラング ラサール社(本社 イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者コリン・ダイアー、NYSE: JLL)はこのたび、国際アウトソーシング専門家協会(International Association of Outsourcing Professionals、以下IAOP)が発表した「2010 グローバル・アウトソーシング100(2010 Global Outsourcing 100)」において商業用不動産サービス企業として最高位でランクされました。
 
 このトップ100社ランキングはIAOPが優れたサービスを提供するアウトソーシング・プロバイダーを選定するために、毎年すべての業界を対象として行っているものです。ジョーンズ ラング ラサールは今回12位にランクされており(2009年は15位)、すべてのコーポレートリアルステート(一般事業会社向け不動産関連業務)およびファシリティサービスのプロバイダーの中で最高位でした。

 IAOPではトップ100に加え、カテゴリー別に高い水準のサービスを提供した企業のリストを発表しています。当社はコーポレートサービス・プロバイダーとして全てのカテゴリーにおいてトップ5企業の一社として選出されました。また、業界別リストでは、金融サービス、製薬、ITの複数の業界セクターにおいてトップアウトソーシング企業のひとつとして選ばれています。

 当社コーポレートソリューション事業のグローバルCEOを務めるスチュアート・ヒックスは、「当社は顧客と強固な戦略的パートナーシップを構築し、顧客のニーズを軸にビジネスを展開することにより、実りあるソリューションを提供しています。また、当社の総合的なサービスプラットフォームが顧客最優先のビジネスモデルを支え、顧客の各事業部門、不動産ポートフォリオ、ひいては組織全体における生産性の最大化を可能にしています」と述べています。

 同事業のアジア・パシフィック地域のCEOを務めるジョン・フォレストは、「アジア・パシフィック地域では近年、一般事業会社向けの不動産アウトソーシング事業が伸びており、企業はサービスプロバイダーから、より良い成果を求めるようになっています。今回の選出は、当社が世界中で顧客に優れたサービスを提供し続けていることの証となりました。当社はアジア・パシフィック地域において15年間にわたるコーポレートリアルエステート分野の第一人者であり、域内マーケットの深耕開拓に努めてきました。2010年第1・四半期においても既に複数の案件を受託しており、この中にはオーストラリアのTelstra社による域内最大の不動産サービスマネジメント契約をはじめ、金融および製造分野で活躍する複数の企業の地域全体にわたる主要な不動産サービス契約が含まれます。今後、欧州およびアジア企業の国内事業が成熟し、成長機会を国外に求めるのに伴い、アウトソーシング受託が増加するものと見ています」と総括しました。
 
 
 
ジョーンズ ラング ラサール コーポレートソリューションについて
ジョーンズ ラング ラサールは15年前よりアジア・パシフィック地域において一般事業会社向けの不動産サービスを提供するパイオニアです。当社のプラットフォームは、単体不動産、または地域・国をまたぐ不動産ポートフォリオにも幅広く対応が可能です。当社は業界の第一人者として、クライアントのニーズを軸にしてビジネスを構築し、当初のお約束どおりの成果を提供することにコミットしております。

ジョーンズ ラング ラサールについて
ジョーンズ ラング ラサール(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産に特化したプロフェッショナルなサービス会社で、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、国内外を問わず世界中で広範囲な知識を有する専門家が、不動産に関するサービスを提供しています。グループの2009年度の売上高は約25 億ドルで、全世界の60 カ国、750都市を網羅する180の事業所で業務を展開しています。 また、プロパティサービス及び企業向けファシリティマネジメントサービスにおける世界のリーディング カンパニーとして、約1 億5,000万平方メートル(約4,500 万坪)の不動産を管理しています。 ジョーンズ ラング ラサール グループにおいて不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネージメントは、総額約400 億ドルの資産を運用しています。詳細な情報はホームページをご覧下さい。
www.joneslanglasalle.com
ジョーンズ ラング ラサールのアジア・パシフィック地域での活動は50年以上にわたり、現在では13ヶ国、74 事業所で約17,700名のスタッフを擁しています。