Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

ロンドン、ウエストエンドにおいて2007年以来最大の売買取引

ビクトリアハウスの取得を支援-買主はM1 Real Estate


 2010年3月18日発信 ロンドン発 ジョーンズ ラング ラサール社(本社 イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者コリン・ダイアー、NYSE: JLL)はこのたび、レバノンに拠点を持つM1 Real Estateのアドバイザーとして、アイルランドのMoritz Groupからロンドン市内のブルームズベリー・スクエアに所在するビクトリアハウスの取得を支援したことを発表しました。今回の取得金額は約1億7,500万ポンド(約241億円)で、2007年来のウエストエンドにおける大型取引であり、M1はその資金力、実績および信頼で入札に参加した他の10社を上回りました。同社は2月にキャナリーワーフのクレディ・スイス本社オフィスビルを取得したばかりで、着実にロンドン市内において投資を進めています。

 ビクトリアハウスはブルームズベリー・スクエアの東側の一角を占める総面積30万平方フィート(約27,870㎡)のオフィス、商業、娯楽の複合施設です。このミッドタウンにあるアール・デコ調のオフィスブロックは1929年に竣工した建物で、2003年にGarbe社が5,000万ポンド(約69億円)を上回る開発費用をかけ、Aグレードオフィスビルに生まれ変わりました。総面積の5割超は政府系テナントが占め、その契約期間は加重平均で9.5年となっています。
 
 M1 Real Estateはロンドンに開発案件中心の収益不動産ポートフォリオを保有しており、本物件はその最新の資産となります。同ポートフォリオにはカドガン・スクウェア、カドガン・ガーデンズ、グローヴナー・プレース、パルマル、そしてクレディ・スイス英国本社ビルの一部がある20 Columbus Courtyardの所有権が含まれます。また、同社は、英国外では米国、欧州、中東への投資を行っています。
 
 一方Moritzはこれまで8年間ロンドン市場への投資を行っており、複数の投資物件の売買を成立させています。同グループはロンドン市内に数棟の優良資産を保有しており、ロンドンの不動産市場でのプレゼンスを維持していく予定です。同社の拠点はアイルランドですが、ルーマニアのブカレストにも資産を有しています。
 
 M1 Real Estateの最高経営責任者であるムスタファ・エル・ソルハは、「ビクトリアハウスは世界の主要都市の最優良資産をポートフォリオに組み込む、という当社の戦略に最適な物件です。本件の取引は不動産または投資ファンダメンタルズの観点からも賢明な投資であり、大変満足しています。しかし、それ以上にビクトリアハウスの長く輝かしい歴史とその建造物としての価値は他に変え難いものだと考えています。」と述べています。
 
 欧州におけるアドバイザリー業務は再び徐々に増加しつつあり、この他にもジョーンズ ラング ラサールは、ドイツのUnion Investment Real Estateのアドバイザーとして、ベルリン市の中心部にあるAlexaショッピングセンターの株式の91%を3億1,600万ユーロ(約393億円)で取得した案件の支援を行いました。Alexaショッピングセンターの株式の残りの9%はこれまで50%を保有していたSonae Sierraが引き続き保有します。Union Investment Real Estateは2009年に16億ユーロ(約1,989億円)を超える不動産投資を行っており、そのうちの6億ユーロ(746億円)が商業施設への配分となっています。その結果Union Investment Real Estateは2009年欧州における最大のクロスボーダー投資家となりました。

Alexaショッピングセンター物件概要
地上5階建
店舗面積約43,000㎡、飲食店面積2,000㎡、娯楽スペース8,000㎡
開業2007年秋、2009年来場者実績1,400万人
主要テナント:MediaMarkt、Edeka、H&M、Zara

 
 
写真:ビクトリアハウス      写真:Alexaショッピングセンター

ジョーンズ ラング ラサールについて
ジョーンズ ラング ラサール(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産に特化したプロフェッショナルなサービス会社で、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、国内外を問わず世界中で広範囲な知識を有する専門家が、不動産に関するサービスを提供しています。グループの2009年度の収益は約25 億ドルで、全世界の60 カ国、750 以上のマーケットにおいて180以上のオフィスを持ちビジネスを展開しています。 また、プロパティサービス及び企業向けファシリティマネジメントサービスにおける世界のリーディング カンパニーとして、約1 億3,000万平方メートル(3,934万坪)の不動産を管理しています。 ジョーンズ ラング ラサール グループにおいて不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネージメントは、総額約400 億ドル以上の資産を運用しています。詳細な情報はホームページをご覧下さい。
http://www.joneslanglasalle.co.jp
ジョーンズ ラング ラサールのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在では13ヶ国に74 の拠点を持ち、17,700名以上のスタッフがビジネスを展開するに至っています。