Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

Tokyo

JLL、日本の商業用不動産投資に関する分析レポートを発刊

2015年第1四半期の海外投資家比率は2007年以来の30%台、対日本投資額の84%が東京圏に集中


​​2015年6月1日 東京

総合不動産サービス大手のJLL(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 河西利信)は、日本の商業用不動産投資を分析したレポート「Japan Capital Flows」を発刊いたしました。当レポートは、今後四半期ごとに最新の状況を分析し、発行いたします。

  • 2015年第1四半期レポートのハイライトは以下の通りです。なお、一部情報は、2015年5月11日配信の「世界の不動産投資額(2015年第1四半期 確報)」でも発表しております。
  • 日本の2015年第1四半期の投資額は、前年同期比6%増の129億ドル、円建てでは23%増の1兆5,400億円※1となった。第1四半期における投資額は2013年から3年連続の増加となり、2008年以来の高水準となった。(図表1)
  • 界の都市別に投資額をみると、東京の2015年第1四半期の投資額は85億ドル、円建てでは1兆100億円となり、ニューヨーク、ロンドンに続き、第3位となった。アジア太平洋地域では、唯一東京がトップ10に入り、存在感の大きさを示している。(図表2)
  • 2015年第1四半期の投資額を購入者属性別でみると、上場リートが21%、私募リートが39%、不動産会社が29%となり、私募ファンドが存在感を高めている。私募リートの新規組成や既存の私募リートによる取得が相次いでおり、これが私募ファンドによる投資額を押し上げた一因となった。株式市場の影響を受けづらい私募リートが長期投資を前提とするまとまった資金の受け皿としてプレゼンスを高めている。(図表3)
  • 2015年第1四半期の海外投資家による物件取得額は4,600億円で、市場全体の約30%を占め、2007年以来初めて30%台の水準となった。(図表4)
  • 2015年第1四半期のセクター別の投資額は、オフィスに対する投資が全体の57%を占め、次いでリテール25%、物流施設10%、ホテル4%となった。オフィスに対する投資割合は2014年比では減少しているものの、投資額自体は増加している。
  • 2015年第1四半期の日本国内商業用不動産への投資額のうち84%を東京圏※2が占めており、さらに投資額全体の42%は東京5区※3に集中した。一般的に投資市場が過熱すると地方圏への投資が拡大すると言われるが、現時点では地方圏への投資姿勢は引き続き慎重であると考えられる。(図表5)
  • 今後も不動産価格上昇および投資額増加は続くとみられ、2015年通年の日本の商業用不動産投資額は、15%増の5.5兆円前後と予測している。(図表6)

JLLリサーチ事業部アナリスト 伊藤翔は次のように述べています。
「これまでJLLでは世界の商業用不動産投資を分析したレポートに関するリリースを四半期ごとに行ってまいりましたが、国内不動産プレイヤーや報道各社から日本の不動産投資調査に対する問い合わせを多くいただく状況が続いていることから、このたび日本独自の不動産投資調査レポート『Japan Capital Flow』を発行することになりました。
金融緩和を背景とする国内の潤沢な投資資金に加え、海外からの資金流入増加も続いており、不動産投資市場は活況を呈しております。東京都心部に存するオフィス、リテール等の大型取引が投資額をけん引しており、今後も不動産価格上昇を引き金とする大型物件の供給増加により、国内不動産投資額は増加傾向で推移するものと予測されます」

図表1:日本国内の投資総額推移
日本国内の投資総額推移​ 
図表2:都市別投資総額ランキング
都市別投資総額ランキング

図表3:購入者属性別投資額割合
購入者属性別投資額割合

図表4:海外投資家投資額推移
海外投資家投資額推移 
図表5:セクター別投資額割合推移
セクター別投資額割合推移

図表6:地域別投資額割合
地域別投資額割合

※1 2015年第1四半期為替レート:2015年1月1日~2015年3月31日平均(1ドル119.17円)
※2 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
※3 千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区





JLLグループについて
JLLグループ(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。世界80ヵ国、従業員約58,000名、230超拠点で展開し、年間の手数料収入は約47億米ドル、総売上高は54億米ドルに上ります。2014年度は、プロパティ・マネジメント及び企業向けファシリティ・マネジメントにおいて、約3億1,620㎡(約9,486 万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、1,180億米ドルの取引を完了しました。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベスト マネジメントは、総額553億米ドルの資産を運用しています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インクの企業呼称及び登録商標です。

JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ国、81事業所で30,000名超のスタッフを擁しています。2014年インターナショナル・プロパティ・アワード・アジア・パシフィックでは7ヵ国・地域で「最優秀不動産コンサルタント賞」を受賞、 また2013年ユーロマネー・リアルエステート・アワードにおいては9つの賞を受賞しました。