Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

Tokyo

JLL、不動産市場に関するニュースサイト「Real View」を開始


​​2015年5月25日 東京

(本プレスリリースは、2015年5月20日にシカゴから発表されたリリースの翻訳版です。)

総合不動産サービス大手のJLLグループ(本社:イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者:コリン・ダイアー、NYSE JLL、以下:JLL)は、2015年5月20日より、不動産市場や経済動向をまとめたニュースサイト「Real View」(英語のみ)を開始いたしました。今後は「Real View」を通じて、JLLが有する専門的な知識や見解、リサーチ分析にアクセスが可能になります。

JLLチーフ・マーケティング・オフィサーのチャールズ・ドイルは次のように述べています。
「不動産市場のような専門性が高いセクターにおけるコンテンツ配信は、ウェブやデジタルメディアの発展により大きく変化しています。不動産市場は、経済、ビジネス、生活において重要な役割を担っています。世界中どこからでもアクセス可能な新しいプラットフォーム『Real View』を通じてニュースを配信することで、不動産市場に対するJLLの熱意や役割の共有が可能となり、また活発な議論の機会となることを期待しています」

「Real View」は、JLL専門家による論考や分析、有識者による見解、また市場全体やコミュニティを対象にしたリサーチを幅広く紹介するサイトで、読者の関心事項にあわせたニュースのカスタマイズも可能です。また、不動産市場が下記に与える影響を考察する記事、ビデオ、チャート、スライドショーも幅広く提供しています。

リテール、ホスピタリティ、テクノロジー、バンキング、製薬、ヘルスケアなどの各セクター
世界の都市、地域、国
持続可能なオフィス、スマートワークプレース、都市化、グローバルロジスティックスなどの最新動向
不動産への投資、取引、不動産金融などの経済情勢

最後に、チャールズ・ドイルは次のように述べています。
「ニュースのあり方は日々変化し、アクセス方法が多様化する今日のデジタル世界において、JLLは、読者の関心にあわせてカスタマイズ可能な『Real View』を通じて、不動産に関するニュースを幅広くお客様にお届けして参ります」

「Real View」の詳細は本サイトをご覧ください。





JLLグループについて
JLLグループ(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。世界80ヵ国、従業員約58,000名、230超拠点で展開し、年間の手数料収入は約47億米ドル、総売上高は54億米ドルに上ります。2014年度は、プロパティ・マネジメント及び企業向けファシリティ・マネジメントにおいて、約3億1,620㎡(約9,486 万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、1,180億米ドルの取引を完了しました。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベスト マネジメントは、総額553億米ドルの資産を運用しています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インクの企業呼称及び登録商標です。

JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ国、81事業所で30,000名超のスタッフを擁しています。2014年インターナショナル・プロパティ・アワード・アジア・パシフィックでは7ヵ国・地域で「最優秀不動産コンサルタント賞」を受賞、 また2013年ユーロマネー・リアルエステート・アワードにおいては9つの賞を受賞しました。