Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

Tokyo

[確報-2014年通年] 2014年世界の不動産投資額、5年連続増加の7,100億ドル(20%増)、リーマンショック前の9割超回復 

日本は6%増の435億ドル(円建てで17%増の4兆6,600億円)、2015年世界の投資額は7,400-7,600億ドルと予測


2015年2月4日 東京

総合不動産サービス大手のJLLグループ(本社:イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者コリン・ダイアー、NYSE JLL、以下:JLL)がまとめた投資分析レポートによると、2014年通年の世界の商業用不動産投資額は、前年同期比20%増の7,100億ドル※1となり、2010年以来5年連続増加、リーマンショック前の2007年の9割の水準に回復しました。日本の2014年通年の投資額は、前年同期比6%増の435億ドル(円建てでは17%増の4兆6,600億円※2)となり、円建ての投資額としてはリーマンショックが起きた2008年と同程度の水準となりました。2015年の世界の商業用不動産投資額の見通しは、7,400-7,600億ドルと予測しています。

なお、当レポートは1月15日に速報をリリースしています。(速報発表値:世界の2014年通年の投資額は7,000億ドル(前年同期比18%増)、2014年第4四半期の投資額は2,180億ドル(前年同期比4%増)、日本の2014年通年の投資額は438億ドル(前年同期比7%増)、2014年第4四半期の投資額は152億ドル(前年同期比32%増)、2015年世界の投資額予測は7,300-7,500億ドル)

  • 2014年通年の世界の商業用不動産投資額は、前年同期比20%増の7,100億ドルとなった。リーマンショック前のピーク(2007年)の取引額7,580億ドルの9割までの回復となった。(図表1)
  • 2014年第4四半期の投資額は、前年同期比9%増、前期比31%増の2,300億ドルとなり、取引が活発だった2013年第4四半期に続き2,000億ドルを突破した。(図表1、2)
  • 本の2014年通年の投資額は、前年同期比6%増の435億ドル、円建てでは17%増の4兆6,600億円となった。
  • 日本の2014年第4四半期の投資額は、前年同期比30%増の149億ドル、円建てでは50%増の1兆7,200億円となった。(図表3)
  • J-REIT市場においては、12月に積水ハウス・リート投資法人が資産規模1,143億円で上場したほか、11月に日本初のヘルスケア特化型上場リートである日本ヘルスケア投資法人が上場するなど、3つのREITが新規上場を果たした。また、パシフィックセンチュリープレイス丸の内やみずほ銀行旧本店ビルなどの大型取引も見受けられ、投資額は前年同期比、前四半期比ともに大幅増加となった。2014年通年では、2013年に市場をけん引した上場REITによる取引額は減少したものの、私募REITやその他ファンドによる取引の拡大が寄与し、全体の投資額は増加した。
  • 2014年のアメリカ大陸およびEMEAの投資活動は急速に活発化し、第4四半期の投資額はそれぞれ940億ドル、930億ドルとなり、どちらも前年同期比25%増となった。アジア太平洋地域における第4四半期の投資額は、日本や韓国がけん引し、四半期ごとの投資額としては同地域において最高額の430億ドルとなった。(図表1、2)
  • ロンドンの投資額は444億ドルとなり、2位ニューヨーク(359億ドル)、3位東京(303億ドル)を大きく離し、3四半期連続で最も投資活動が活発な都市1位となった。2014年に著しい成長を見せた都市は、サンフランシスコ(133%増)、ボストン(98%増)、東京(65%増)、ワシントンDC(51%増)だった。(図表4)
  • 2015年通年の世界の商業用不動産投資額は、前年同期比5-10%増の7,400-7,600億ドルで、6年連続で増加すると予測している。(図表5)

JLLリサーチ事業部長赤城威志は次のように述べています。
「日本の2014年第4四半期の投資額は、前年同期比で1.5倍と大幅増加し、第4四半期のみの投資額としては観測史上最大となりました。2014年通年では、前年比倍増した2013年の投資額からさらに拡大し、依然として新規上場や物件取得の動きが見られる上場REITに加え、私募REITやその他ファンド、海外投資家による投資額の増加が目立ちました。多くの企業の決算期である3月が含まれる来期の投資額に期待が高まります」

図表1:商業用不動産への直接投資額(10億ドル)
図表1:商業用不動産への直接投資額(10億ドル)

図表2:商業用不動産への直接投資額 地域別2007年第1四半期-2014年第4四半期​
図表2:商業用不動産への直接投資額 地域別2007年第1四半期-2014年第4四半期​

図表3:日本国内商業用不動産への直接投資額(10億円)​
図表3:日本国内商業用不動産への直接投資額(10億円)​

図表4:2014年第4四半期 投資活動が最も活発な世界10都市
図表4:2014年第4四半期 投資活動が最も活発な世界10都市

図表5:2003年-2014年 地域別取引額 実績値と予想値
図表5:2003年-2014年 地域別取引額 実績値と予想値

【補足】
※1:通貨単位は、別途記載がない限りすべて米ドルとします。
※2:第4四半期為替レート:2014年10月1日~2014年12月31日平均(1ドル114.94円)





JLLグループについて
JLLグループ(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。世界75ヵ国、従業員約53,000名、200超拠点で展開し、年間の手数料収入は約40億米ドル、総売上高は45億米ドルに上ります。2013年度は、プロパティ・マネジメント及び企業向けファシリティ・マネジメントにおいて、約2億8,000万㎡(約8,470 万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、990億米ドルの取引を完了しました。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベスト マネジメントは、総額530億米ドルの資産を運用しています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インクの企業呼称及び登録商標です。

JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ国、80事業所で28,000名超のスタッフを擁しています。2014年インターナショナル・プロパティ・アワード・アジア・パシフィックでは7ヵ国・地域で「最優秀不動産コンサルタント賞」を受賞、 また2013年ユーロマネー・リアルエステート・アワードにおいては9つの賞を受賞しました。