Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

サステナビリティ認定プロフェッショナル社員が500名超に

6ヶ月前倒しで目標達成


2009年8月6日発信 シカゴ、ロンドン、シンガポール発‐ジョーンズ ラング ラサール社(本社 イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者 コリン・ダイアー、NYSE: JLL)はこのほど、2009年内にサステナビリティ認定プロフェッショナル社員を全世界で500名まで増やすという目標を6ヶ月前倒しで達成したと発表しました。同社は不動産会社の中で最多の認定プロフェッショナルを擁し、多くのサステナビリティ認証プロジェクトを手掛けています。
 
 2009年7月1日現在、ジョーンズ ラング ラサールの544名の社員が14カ国でLEED Accredited Professional (AP)もしくは同等の指定機関による認定員として登録されています。
 
 ジョーンズ ラング ラサールはグローバル・サステナビリティ・コミットメントの一貫として2008年4月にLEED、BREEAM、IEMA、NABERS Energy(旧ABGR)、Green Starなどの認証機関の認定社員数を200名から500名に増やすという目標を掲げました。2008年末にその数は333名に増加、2009年上半期にはさらに200名を超える社員がLEED APの認定を受けました。
 
 ジョーンズ ラング ラサールの最高執行責任者および最高財務責任者であり、自らもLEED APであるローラリー・マーティンは、「これは極めて難しい目標でしたが、当社では全社を挙げて不動産業界におけるサステナビリティ先駆者となるべく、社員一丸となって取り組みました。認定試験合格という目標を目指して時間と努力を惜しまなかった社員を大変誇りに思います。商業不動産の将来はサステイナブル(持続可能)な不動産施設ぬきには語ることはできません。当社が抱える認定員の数も、エネルギーおよびサステナビリティの分野で業界のリーダーになるという当社の意気込みを表しています」と述べています。
 
 また、ジョーンズ ラング ラサール、エネルギー・アンド・サステナビリティ・サービスの責任者、ダン・プロブストは、「当社は早い時期からグリーンビルの重要性を認識し、2003年には既に当社初のLEED認証プロジェクトを完了、その他にも多くの最新サステナビリティ関連ビジネスを手がけてきました。そして今、当社の主張してきた『サステイナブルな不動産施設は、環境配慮の観点からのみならず経済的にも理にかなっている』という認識は確実に広がりを見せています」と語っています。
 
社員の認定状況
 ジョーンズ ラング ラサールでは、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、ドイツ、香港、インド、メキシコ、ポーランド、日本、シンガポール、台湾、イギリス、アメリカの各国の社員がLEED APを有しています。
 
 従来の事業モデルである不動産総合サービスにサステナビリティが加わり、同社のLEED AP認定社員は幅広い業務に携わることになります。プロジェクト・アンド・デベロップメントサービス、ファシリティマネジメント、コンストラクション、エネルギー・アンド・サステナビリティサービス、リテール・プロパティマネジメント、テナントレプリゼンテーション、インベストメントマネジメント、リーシング、ストラテジック・コンサルティングなどの部門に加え、バックオフィス部門である財務やマーケティングも認定社員が担当しています。
 
 また、ジョーンズ ラング ラサールが認証を手がけた不動産はオフィスビル、R&D(研究開発)施設、集合住宅、教育施設、企業の本社ビル、金融機関支店や、商業スペースのインテリアなどにおよびます。
 
 同社はLEEDの基準である、New Construction (NC、新規建設)、Commercial Interiors (CI、商業用内装)、Existing Buildings – Operations & Management (EB-OM、既存ビルの運営、管理)、Core & Shell (CS、コア・アンド・シェル)認証の実績を持ち、それぞれの分野のプロフェッショナルであるスタッフが、オーナー、テナントに向けて開発から管理までのあらゆるプロセスにおいてサポートを行うことができます。
 
LEED認証を受けた28棟を管理
 ジョーンズ ラング ラサールは、全世界でこれまでに不動産サービス会社としては最多となる、28棟のLEED認証不動産の管理および認証サポートを行ってきています。また、以下の知名度の高いプロジェクトにおいても主要な役割を果たしています:
 - 新たに設立されたExisting Buildings: Operations and Maintenance基準においてプラチナ認証を受けた3物件のうちの2つ
 - Existing Building基準のプラチナ認証を受けた最初の賃貸オフィスビル
 - アメリカで最初のLEEDプラチナと認められた高層オフィスビル
 - メキシコで初のLEED認証となったプロジェクト
 - 初めてLEEDプラチナ認証を受けたリテール業務を展開する銀行支店
 - イリノイ州ノースブルックのマクドナルド・コーポレーション本社のLEEDプラチナ認証
 - マンハッタン、ボストン、デンバー、シカゴおよびワシントンDC地域における既存賃貸オフィスビルのLEED認証
 
 また、2009年4月には、ニューヨークのエンパイア・ステート・ビルディングのLEEDゴールド認証プロジェクトへの参加を表明しています。
 
 U.S. Green Building Council (USGBC)によって開発されたLEEDは、オーナーおよびビル管理者に対し実用的かつ測定可能なグリーンビルの設計、建設、運営および維持に関するソリューションの枠組みを提供します。
 
 LEED Professional Accreditationは、LEED認証プロセスの水先案内人として専門知識と技能を備えたプロフェッショナルを認定するものです。LEED APはグリーンビルの実務と概念およびLEEDの格付けシステムに精通することを証明した専門家です。2001年にAPの認定プログラムが発足して以来、75,000名以上が認定を受けています。
 
 現在アメリカにおいてジョーンズ ラング ラサールが管理している賃貸ビルポートフォリオの85%、計280棟がEnergy Starのプログラムに参加しており、平均点数68点を達成しています。これは一般的なビルの平均値とされる50点を18点も上回っています。Energy Starは米国環境保護庁管轄のビルエネルギー効率のベンチマークプログラムで、広く普及しています。
 

用語解説
LEED (Leadership in Energy and Environmental Design) - 米国のGreen Building Council、および提携しているカナダとインドのGreen Building Councilによって策定された、エネルギーおよび環境デザインの評価システム
 
BREEAM (Building Research Establishment’s Environmental Assessment Method) - Building Researchが開発した英国の環境アセスメント法
  
NABERS (National Australian Built Environment Rating System) - オーストラリア、ニューサウスウェールズ州のDepartment of Environment and Climate Change主導による既存ビルを対象とした格付システム
 
NABERS Energy (旧ABGR =Australian Building Greenhouse Rating) - オーストラリアのグリーンビル格付
 
Green Star - オーストラリアのGreen Building Councilによる格付システム
 
Energy Star - 米国環境保護庁とエネルギー省による格付
   
IEMA (Institute of Environmental Management and Assessment) – 環境管理会計研究所
 

ジョーンズ ラング ラサールについて
ジョーンズ ラング ラサール(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産に特化したプロフェッショナルなサービス会社で、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、国内外を問わず世界中で広範囲な知識を有する専門家が、不動産に関するサービスを提供しています。グループの2008 年度の収益は約27 億ドルで、全世界の60 カ国、750 以上のマーケットにおいて180以上のオフィスを持ちビジネスを展開しています。 また、プロパティサービス及び企業向けファシリティマネジメントサービスにおける世界のリーディング カンパニーとして、約1 億3,000万平方メートル(3,934万坪)の不動産を管理しています。 ジョーンズ ラング ラサール グループにおいて不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネージメントは、総額約360 億ドル以上の資産を運用しています。詳細な情報はホームページをご覧下さい。
http://www.joneslanglasalle.co.jp
ジョーンズ ラング ラサールのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在では13ヶ国に79 の拠点を持ち、17,200名以上のスタッフがビジネスを展開するに至っています。