Skip Ribbon Commands
Skip to main content

News Release

日本におけるプロクター&ギャンブル担当ファシリティ・マネジメントチーム P&G社よりベストビジネスパートナーアワードを受賞

500社のうち20社が受賞


 2009年7月28日発信 ジョーンズ ラング ラサール株式会社(本社 東京都千代田区永田町、代表取締役 濱岡 洋一郎)はこのたび、消費財メーカーの世界的リーダー企業であるプロクター・アンド・ギャンブル(以下、P&G)より、ベストビジネスパートナーアワードを受賞したことを発表しました。2009年から始まった同賞はP&Gの日本における計500社のサプライヤーの中から20社が対象となり、日本におけるジョーンズ ラング ラサールの優れたファシリティ・マネジメント業務に対して贈られました。
 
 プロクター&ギャンブル社のインフォメーション・アンド・ディシジョン・ソリューションズ、グローバル ビジネス サービスのディレクターである玉置 肇氏は、「ジョーンズ ラング ラサール社は常にクライアントの立場にたった、プロアクティブで優れたファシリティ・マネジメント業務を行っており、チームおよび個人レベルにて非常に高い責任能力を有していることから、今回の受賞の運びとなりました」と受賞理由を説明しています。「ジョーンズ ラング ラサール社のスタッフは常に契約内容に縛られることなく業務を遂行し、当社からの数々の厳しい要求にも迅速に対応しています。例えば、オフィス空間の大幅な環境改善や、あらゆる事柄において柔軟な態度でサポートを行っています」とさらにチームの貢献について述べています。
 
 ジョーンズ ラング ラサール、ファシリティ・マネジメント、アジア・パシフィック地域のマネージング・ダイレクターであるジョーディ・マーティンは、「P&G社にはこれまでにも世界中において当社の貢献およびコミットメントを評価していただき、大変光栄に思います。このたびの受賞は日本のP&G担当チームのクライアントの立場に立ったプロ意識に加え、クライアントの信頼に値するパートナーを目指した結果が認められたものと理解し、大変嬉しく思います」と述べています。
 
 ジョーンズ ラング ラサールの日本の代表取締役である濱岡洋一郎は、「第一回目のP&G社のベストパートナーアワードを受賞したことは、弊社にとって大変名誉なことです。弊社では、P&G担当チームが中心となって、弊社の持つ高い専門知識を活用し、積極的にファシリティ・マネジメントに関する提案を行ってきました。このたびの受賞はその努力が認められた結果と言えるでしょう。今後もP&G社のパートナーとして、さらに効率的で質の高いサービスを提供していきたいと思います」と語っています。
 
 ジョーンズ ラング ラサールは、2003年にP&Gより、多地域にわたるファシリティマネージャー(P&G社に対してオフィススペース環境の管理、整備、イノベーションなどを担当)として選出されましたが、今やその関係は、新たな不動産関連のサービスを提供するまでに拡大しています。

プロクター・アンド・ギャンブルについて
世界中の人々は、日常生活で日に30億回もP&Gのブランド製品に触れています。パンパース®、タイド®、アリエール®、オールウェイズ®、ウィスパー®、パンテーン®、マッハスリー®、バウンティ®、ドーン®、ゲイン®、プリングルズ®、フォルジャーズ®、シャーミン®、ダウニー®、レノア®、アイムス®、クレスト®、オーラルB®、アクトネル®、デュラセル®、オレイ®、ヘッド&ショルダーズ®、ウエラ®、ジレット®、およびブラウン®をはじめ、高い信頼と品質、先進性を持つ強力なブランド群を誇っています。P&Gグループは、世界80カ国以上におよそ13万8,000人の従業員を擁しています。P&Gとその所有するブランド製品に関する最新ニュースや詳細な情報については、ホームページhttp://jp.pg.com/をご参照ください。
 
ジョーンズ ラング ラサールのインテグレーテッド・ファシリティ・マネジメントについて
ジョーンズ ラング ラサールはアジア・パシフィック地域においてファシリティマネジメントの市場リーダーとして、地域内で計1億3,000万平方フィート(1,200万平方メートル、365万坪)におよぶ施設における総合サービスを110以上の企業クライアントに対し提供しています。当社のワークプレイス、技術、サポートの専門家チームの3,500名は16カ国、88都市に配置され、クライアントに対してベストプラクティスと最高水準のサービスをお届けしています。
 
ジョーンズ ラング ラサールについて
ジョーンズ ラング ラサール(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産に特化したプロフェッショナルなサービス会社で、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、国内外を問わず世界中で広範囲な知識を有する専門家が、不動産に関するサービスを提供しています。グループの2008年度の収益は約27 億ドルで、全世界の60 カ国、750 以上のマーケットで180以上のオフィスを持ちビジネスを展開しています。 また、プロパティサービス及び企業向けファシリティマネジメントサービスにおける世界のリーディング カンパニーとして、約1 億3,000万平方メートル(3,934万坪)の不動産を管理しています。 ジョーンズ ラング ラサール グループにおいて不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネージメントは、総額約410 億ドル以上の資産を運用しています。詳細な情報はホームページをご覧下さい。
http://www.joneslanglasalle.co.jp
ジョーンズ  ラング ラサールのアジア太平洋地域での活動は50 年以上にわたり、現在では13 カ国に79の拠点を持ち、17,400名以上のスタッフがビジネスを展開するに至っています。